福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

平均的な尺度って有り得ない!

2011-09-30

カテゴリー「KJWORKS福井のこと・学び事

投稿者 福井綱吉

いつもご愛読いただきありがとうございます。

上海で感じたことのひとつです。

「その国の平均年収はいくらですか?」そんな質問を耳にします・・・・・

ところが、中国ではそういった尺度はありえません。

お金があるか無いか!

とんでもない大金持ちか、とんでもない貧困か?

どちらかしかないと感じますし、それが事実です。

左が、旧上海の要塞内部にある暮らしと寄せ集めの建物です。そこから旧要塞をでると、上海の表の顔のビルディングが見えます。どちらも同じ直ぐ近くの街の景色なんです!

800円でコーヒーを美味しい!って普通に飲む人が一杯います。日本では3万円の洋服が、上海では5万円でも当たり前に売れる・・・物価は本来かなり安いはずだけど、同じ国なのに、上海ではずば抜けて東京よりも高い・・・

けど、働いても働いても収入は食えるほども満たされず、毎日を必死に生きる人も沢山います。

そう考えると、世界で一番貧富の差の無い日本は、本当の意味で幸せなのかもしれませんね。

こういう話はよく耳にしますし、言葉だけでうなずいたりもしますが、実際に目にすると、どうしようもない世界を実感します。

貧困が悪化すると大暴動が発生するといいますが、私が見たその光景では、そんな暴動になる気力すら涌かない気がしました!

イベント情報

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie