福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

スペインの漆喰を学びに出かけたら瀧原宮にお参りすることとなって・・・!

2012-11-29

カテゴリー「KJWORKS福井のこと・学び事

投稿者 福井綱吉

今日も、丈夫な体に感謝します!

今日も朝から、三重県大紀町にスペイン産の漆喰を学びに出かけたところ・・・

予定より1時間半も早く到着したところ・・・

『せっかく来られたのだから、瀧原宮「たきはらのみや」にお参りされてから来られてはどうですか? 伊勢神宮の基になったお宮さんですから・・・』

※お伊勢さんにお宮を構えられる前にその途中、新宮を建てられたといわれる・・・昔から「大神の遙宮(おおかみのとおのみや)」と言われている由緒あるお宮さんのこと。

そう言われるままに・・・直ぐ近くにある瀧原宮にお参りしてきました・・・

 

瀧原宮は、由緒あるお宮さんです!

瀧原宮は、4つのお宮から成り立っています。
瀧原宮、瀧原竝宮(たきはらならびのみや)、若宮神社、長由介神社(ながゆけじんじゃ)の順で参拝します。

 

スペイン産漆喰「ESTUCO WALL」は、南欧でよく見かける窓枠やコーナーの石飾りや幅木や廻縁回り、壁画など様々な表情を表すことができますから、職人さんも慣れると、アドリブの壁づくりも広がる感じです!

正直、私、その瀧原宮を全く知りませんでしたが、お参りしたことで・・・またまた、たくさんのご利益がいただけるような気がしてなりません・・・!?

考えすぎ???

ということで、午後からのスペイン産の漆喰は大いに役立つ、KJ ワークスには新たなテイストの漆喰となりそうです。

既に、箕面でお住いのお家で、1月から着手するカフェ増築工事に外壁と内部の壁に採用を決めていて、その学びのための三重県への訪問でもありました。

壁厚のある、色々なテイストの仕上げが楽しめる・・・しかも、ひび割れの少ない、面白い素材です。

この漆喰の全てが現在のKJ ワークスの家づくりには一致しませんが、また一つ、新たなお客様の希望に添える漆喰であることは確かです。

お伊勢さんとの不思議な関わりもあって・・・この漆喰とは、きっと面白い付き合いになりそうです!