福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

「かぐら」は『みんなのわが家』

2013-10-12

カテゴリー「くらしの杜のこと

投稿者 福井綱吉

いつも寄り道していただき、ありがとうございます。

「かぐら」が目的とする場に近づいています!

「これ・・・ちょっと買うてきたからみんなで食べて・・・」

「みまさかで、饅頭売ってたからスタッフで食べてね・・・」

「これ美味しいから買うてきたよ!」

「ありがとうね」

始めてきた人・・・

最近、3回ほど見かけた人・・・

いつも楽しそうにデッキ横に座っておられる人・・・

常連さんで介護施設に勤めておられる人・・・

いろんな人が、お土産を持ってきていただいたり・・・

いろんな人が、帰り際に愉しそうにお礼を言っていただけます。

いろんな人が、「図書カフェ」や「かぐら」を愉しんでおられます。

お菓子や饅頭、ケーキなど、来館者のみなさんからいつもいただけて、「かぐら」のスタッフは最近ホアグラ状態!?

コーヒーやジュース、軽食を・・・お金を払って食べたり飲んだりしていただいた上に、更にお土産までいただけて・・・

私が、彩都「くらしの杜」を計画した時からの「かぐら」の理想形がようやく形に現れ始めています。

来館される皆さんが、木の家と自然の素材感のお店というか、自身のくつろぎの場で癒される・・・思わず、お礼を言いたくなる・・・

「いつもありがとうね」と言ってまた来られる・・・・・

現在工事中の、12月1日に堺市でオープンするグループホームの名前を「みんなのわが家 はるか」と私自身が名付けたのですが・・・・・

「かぐら」も『みんなのわが家』になりつつあります。

彩都「くらしの杜」精神で木の家づくりをするKJ WORKSは、本来の建築に邁進する形からはかけ離れているのかもしれませんが・・・

地域の人たちが必要としていただける彩都「くらしの杜」の中に、しっかりと息づくKJ WORKSになりつつある実感を最近、嬉しいほど感じられます。

お陰様でまだまだ頑張れそうな充実した気概が・・・目下発展中です!