福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

旧知の4人組

2013-07-31

カテゴリー「KJWORKS福井のこと・学び事

投稿者 福井綱吉

いつも寄り道していただき、ありがとうございます。「かぐら東館」計画と彩都「くらしの杜」大繁盛をめざし、明日から私は社長に復帰します。

私にはOMソーラー全盛期の20年ほど前に苦楽を共にし、支え合い、語り合った親友3人がいます。

埼玉県/本庄市の『小林』(小林建設社長)、横浜市の『柴』(SHIBA建築工房社長)、長野県飯田市の『大蔵』(大蔵建設社長)、そして、私の4人組です。

一緒に旅した2度のヨーロッパで更に絆が深まり、OMソーラー加盟の時代には、集まるたびごとに家づくりのこと、これからの家づくり工務店像、家づくり工務店の在り方など語り明かしました!

その後、私と『柴』は、家づくりの考え方で、次第にOMありきではない木の家づくりに方向性をシフトしてOMを脱会・・・

『小林』と『大蔵』はそのまま今現在もOMで活躍中。

今日、久しぶりにそのうちの一人、『大蔵』と話をしていて気付いたことがあります。

『大蔵』は根っからの技術屋で、市場規模も10万人程度の狭いエリア、収入も割と少ない地域。そんな地域で日本一のセンスある設計で、『お客様が誇れる木の家』を廉価に提供・・・

『柴』も根っからの技術屋で、50歳を過ぎて東大大学院で建築を更に学び・・・

自然環境と調和したパッシブデザインをベースに、1ランク上の省エネ性能と、強い木構造設計の『こだわりの木の家』を自ら一人で設計から施工管理まで提供・・・

『小林』は『お客様を喜ばせる天才』で、今では私の知る限り、超優良な財務内容の会社経営で、『お客様が安心して暮らせる木の家』を提供・・・

私はというと、彩都「くらしの杜」計画を要として、多くの意識共有できる人たちと集い、暮らしや家づくりを学び合い、そこから生まれる、信頼と安心の木の家づくりによって『暮らしを愉しむ木の家』を提供・・・

其々、個性が全く違っていたからこそ、長い付き合いも続いてるのだと感じられます。

ぶつかり合うことが全くないのですから・・・・・

私自身、最近は全く建築関係者との会議への出席や飲み会もなく・・・

けど、彼らとはたまに会い、彼らの良さや発見は今でもお互いの宝になっている、そんな間柄にほんと、感謝です。

来月のお宝発見は、埼玉の『小林』で見つけてきます。