福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

築120年のお家の空気。。。

今日もお会いできたご縁に感謝します。

古いお家を下見することは愉しいですね。

 

夏は涼しいけど、冬は強烈に寒い・・・・・

こんな寒い家が冬、果たして本当に暖かくなるのだろうか?

ストーブをつけても天井が高くって暖かくなく、台所の天井は新建材で低くリフォームして・・・

けど、ストーブを消すと強烈に寒い!

部屋の中が底冷えするし、寒くて結露すらしない!

 

そんなことを仰る築120年のお家のご相談に出かけてきました。

 

「土間や床、壁、窓、屋根、天井をしっかり断熱すれば暖かいお家になりますよ!」

「・・・え、本当にですか?」

増築に増築を重ね・・・そして、離れは誰も15年以上住んでいなく手入れもされていないため、朽ち果てて・・・

離れはそのまま改築は無理かな・・・

けど、母屋は構造的にもしっかりしているし、小屋裏は広いし、背も結構ある!

ここを使わない手はないし・・・

お客さんの希望には小屋裏は出てこないけど、要らぬ増築部分も減築はしても、小屋裏を部屋に使うべし!

 

次回は全面的に5~6人でお邪魔して徹底的に現状把握して、打ち合わせの台本にしなければ・・・

お住まいのお客様自身が建物の全体像をよく理解されていなく・・・

先ずは私たちプロが敷地と建物の配置、そして、建物の現状の間取りやその姿を図面化して、現状をしっかり説明する。

そこからこのお家のリニューアルは始まりそうです!

小屋裏に入ると、新築して以来全く触っていないという屋根や小屋裏・・・

そこには長持ちを始め、樽や古いコモノが散らばって、床には藁すさを混ぜた赤土が10cmほ塗り尽くされていて・・・

その空気はとても現代の空気とは思えないほどな感じ!

 

いつもながら古民家は素敵ですね!