福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

椅子には多少高くても贅沢な生地を使いたいものです!

2014-09-20

カテゴリー「キッチン・家具のはなし

投稿者 福井綱吉

今日もお会いできたご縁に感謝します。

今週は、上質な生地や革を椅子やソファにふんだんに堂々と使うカンディハウスの展示会に・・・

そして、海外の、素敵なカーテンや椅子、ソファに生地を提案するシーフォレストの展示会に出かけてきました。

気持ちが豊かになる品々に感動!

 

私たちが応援するある会社の椅子にもレザーや生地が使われているのですが・・・

残念ながら、選択可能な10種類ぐらいの中からスッと選べる生地がない・・・・・

なんでだろう?

・・・と思いながら、昨日、シーフォレストの展示会でイギリスのデザインギルドの生地を手にして、目にして、直ぐに謎が解けました!

 

10種類の生地は貧祖なんです。

椅子の座に使う程度ですから、せいぜい差額は3000~4000円程度です・・・

販売価格を絞っているから・・・生地も予算的に絞っている・・・

それはわかるのですが、それでは素敵な椅子には成りません。

せっかくの椅子の性能やセンスは素敵なのに、最後に生地で落第です。

その生地の選定が一番のセンスなのです。

見るだけでも素敵・・・触ると更に素敵・・・相当数の中から無地の生地を見るだけでもウキウキするデザインギルドの生地。

これから長く付き合う会社ですから、やっぱり忠告しないとダメですね!

誰かいう人が居ないと、やっぱり・・・

あえて会社名は言いませんが、子供椅子には許せても、大人の癒される椅子には上質さが必要ですからね!

販売価格を絞っているのですから、それならせめてオプション用生地として提案も可能なはず・・・

 

ヨーシ!今からメールしよっと!