福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

目的と手段をとり違えてはいけませんよ。

2015-10-28

カテゴリー「伝えたいコト

投稿者 福井綱吉

「かんてんぱぱ」伊那食品工業の塚越寛会長から学ぶ、私が絶対に成し遂げたいコト。

その言葉を「いい会社をつくりましょう」の本から引用します。

企業経営で一番大切なのは「本来あるべき姿」を追求することだと思います。

企業が第一に考えるべきことは、働く人の幸福です。

企業の目的は、社員を幸せにすることを通じて、いい会社をつくり、社会に貢献することです。

 

社員が幸福になりモラルが高まれば、治安が良くなり、社会全体のレベルが上がります。

この原点に沿った経営を積みかさねていけば、急成長はできませんが、安定成長と企業の永続という、すばらしい宝物が手に入ります。

従業員を幸せにするという会社の目的を忘れてしまうと、目先の数字、目先の利益を優先する経営になり、幸せは二の次、三の次となってしまうのです。

それではいくら努力をしても、宝物を手に入れることはできないでしょう。

 

会社にとって、利益も成長も手段です。

目的と手段のとり違えが、大きな混乱のもとになります。

いつも原点に立ちもどって考えたいものです。

 

「目的と手段」の教えは、経営者としての日ごろの行いを判断するときの、私のもっとも大切な、基盤の考えになっています。

 

以上の言葉を常に肝に念じて常識として、まだ至らぬ私の商売、人間性を日々商いを通じて精進していきます。

感謝。。。