福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

彩都「くらしの杜」の始まりは?

2015-02-14

カテゴリー「くらしの杜のこと

投稿者 福井綱吉

今日も「福井の気づきブログ」にお越しいただき、ありがとうございます。

彩都はいいところですね。

 

社会に出て勤めた先は全て大阪市内のど真ん中ばかり。

事務所は大阪市内の中央区!

私が若いころは当然の時代でした。

 

都心は家賃や共益費、駐車場が割高で、致し方なく独立した最初の事務所は吹田市内のどちらかといえば住宅地。。。

当時は建設会社や住宅会社の下請け仕事や設計事務所の仕事が大半でしたから、大阪市内にある必要も無かったのですが・・・

それでも若干後悔したものです。

 

けど、郊外の事務所は気分的になんだか落ち着いて居ました。

ですから、元請仕事としての家づくり工務店を始めたときは躊躇なく郊外。。。

そして、当時は吹田市内でしたが、更に山の中の広大な敷地でゆったりと仕事をしたいと考え、探し回ったのですが誰も貸してもらえず・・・

 

そして、見つかって・・・誘われたのが現在の彩都。

大阪の郊外、大阪市内にも移動できる範囲の山の中で、人の集まる村的な場をつくり、家具やお店仕事、家づくりなどを気ごころ許せる人たちと志事をしたい。。。

空気も美味しいし、人も親切で、思いやりのある村づくり。。。

が、今年の8月、ようやく丸10年を迎える彩都「くらしの杜」。

あと5年すると素晴らしい、面白い、楽しい、気心の分かち合える「くらしの杜」が始まっている予感がします!

 

奈良の田舎から箕面の彩都まで毎日往復106km。

遠いといえば遠いのですが、さほど苦にならない・・・やっぱり彩都「くらしの杜」があるからだと思います!