福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

鬼胡桃の実をもらって懐かしい!

2015-09-07

カテゴリー「」

投稿者 福井綱吉

今日、「かぐら」に、随分前になるのですが陶芸のお店&ご自宅を建築させていただいた陶芸家&彫刻家の金谷ご夫妻がお越しになられました。

「かぐら」に展示販売していただいているご縁もあってのご来館。

お越しになられた際に、京都府綾部市の工房近くで昨年採れたという鬼胡桃の実までいただいて。。。

 

胡桃の実って私には実に懐かしく・・・

幼いころは胡桃の木を揺すって実を落としたものです。

青い果実?の種?のようなモノ・・・

ちょうど、梅干しのようなものです。

梅干しもその硬い種を切れ目からドライバーなどでこじ開けると中に白い実があります・・・もちろん食べられますけど。

 

そんな懐かしい胡桃の実を20個頂戴して喜んで自宅に持って帰りました。

鬼胡桃の木は家具にも使います。

椅子などによく使われ、結構軽い素材。

アメリカ産ではウォールナット、もちろん、テーブルや椅子、いろんな家具用途があります。

また、北アメリカ産のヒッコリーも良く椅子に使われています。

 

そして、ヒッコリーは私がまだ本当に若いころはスキーの板によく使われていたものです。

けど最近は胡桃の原板は高くなってあんまり使える機会が無くなりつつあることが残念!

 

それにしても、胡桃の実、ひとつの話題でこんなに楽しい思い出や好きなことが出てくる。

私にとってはブラックチェリー同様に想い入れのある木材の名前です!