福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

最近は家具修理のご依頼が増えています!

2016-01-29

カテゴリー「キッチン・家具のはなし

投稿者 福井綱吉

01フリッツハンセン修理工場に持ち込んだ時のセブンチェアの座面。

 

長年お付き合いいただいているお客様のメンテナンスの中で、お家そのもの以外のメンテナンス依頼も増えています。

薪ストーブやペレットストーブはもちろんのこと。

製作したキッチンや家具の他に、KJWORKSで販売したソファや椅子の生地の張り替えやクッションの取り換え、表面材の塗り替え。

お手持ちのテーブルの塗り替えや椅子の修理など等。

 

現在、お聞きしているのは古民家のお家にあった大きな水屋もあります。

これはまだ5月頃の納品予定ですが・・・

 

10年目のメンテナンスでお伺いしたお客様からのご依頼で、二人掛けのソファの座面と背中のクッションの作り替えをお聞きして。

先週、他のメンテナンス工事も兼ねて、大阪市内のご自宅に納品したのですが、その際、座面の外れたフリッツハンセンのセブンチェアのご相談も。

 

椅子の裏側に固定したスチール脚からのネジが9層の複合合板の一体成型の座面から外れてしまっていて・・・

「直るでしょうか?」との相談。

4脚あるうちの1脚で、座面の裏を見ると『MADE IN DENMARK 2007』。

ちょうどKJWORKSでお家の仕事をさせていただいた年に購入された椅子らしく10年目。

 

表面はウレタン仕上げでかなり擦り減っていて、塗り替えるのであれば4脚ともしないとバランス悪いし・・・

「それなら先ずは椅子の固定だけ修理しましょう!」

ということで、本来であればフリッツハンセンの専門店で座面のパーツから交換するか買い替えるかの選択なのですが。。。

座面の専用パーツは高く、

先ずは現状部材で修理して、次にダメなときは座面パーツの交換という説明をする予定です。

 

今日、その椅子の修理が工場で出来上がり。

 

週明けに納品します。

こんな仕事も、ごくごく当たり前に実に頻繁にご依頼いただけるようになりました。

元家具屋の本領発揮です!