福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

更に確かなお家づくりの為に。

2016-11-10

カテゴリー「新築(木の家・施設・大型パネル・E-BOX)

投稿者 福井綱吉

ちょっとわかりづらいでしょうけど。

木の家づくりでしっかりと屋根や壁、窓回りを防水し、しっかりとした通気を取って健康な建物にするために。

今でも国内のメーカーや省令基準に沿ってシゴトしているのですが。

アメリカの住宅事情をプロから知ると、こと消費者に対しては徹底した対応策を取っているようです。

ただ、末端建設労働者にはひどい有りようですが。

その分が消費者に還元されているような気がします。

 

今回、壁や屋根下地の通気や防水に関してアメリカ事情を確認し、早速、先ずは壁の健康から改善を進めることにします。

日本には無い室内側からのみの一方通行の透湿シートを採用し、しかも、そのシートを1階分の高さ、2回分の高さの一枚モノで通気できるように施工。

その施工もタッカーピンで今まで通り穴をあけて止めるのではなく。

キャップをして絶対に水が浸入しない確実な施工方法を採用する。

写真はその武器です!

 

今から機械を購入し、専用透湿シートを在庫購入して。

これから受注させていただく物件から進めていきます。

E-BOXha工場で施工。

木想家やリフォームは現場施工で。

 

さらに。

徹底的な信頼と安心できる木の家づくりをまた奨めていきます!