福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

中古住宅のちょっとしたリフォーム依頼事例 箕面編!

2017-03-31

カテゴリー「リフォーム・古民家再生・防音・遮音工事

投稿者 福井綱吉

襖や畳表の張り替え工事。

2階のホールにトイレと湯沸し場を新設

 

今回、ご依頼を受けたのは和風中古住宅の部分改修です。

1.玄関横から勝手口にかけての生垣と勝手門扉のやりかえ。

2.既存の勝手口ドアを採風窓付き断熱ドアに取り替え。

3.勝手口手前の物置を撤去して勝手門からの自転車置場を3台分確保。

3.キッチンの食器棚撤去と吊棚作り変え及び水切棚設置。

4.台所の天井と壁をローラー漆喰に塗り替え。

5.1階和室を板の間に変更。

6.木製網戸やアルミ網戸の追加と取り替え。

7.畳の入れ替えと畳表の張り替え。

8.襖の張り替え。

9.2階にトイレと湯沸し室の新設。

10.2階デッキの補修。

11.左官壁の損壊補修(阪神大震災の被害)

12.雨漏れ部分瓦屋根と軒裏の補修。

13.その他、諸々に伴う水道や電気設備工事。

 

こうしたご依頼ごとは、新築工事と違って、細かなコトの積み重ねで全体的なストーリー性にかけ、お客様の意図をしっかりと理解し把握していないと、疎かになりがちで、お客様を落胆しかねません。

そして、大変なのは、予算では大きな仕事ではないけど、新築並みにほぼ全ての職方さんが必要なことです。

また、13.のように元来ない2階に電気や水道設備の仕事も結構厄介なことです。

一階の天井を破り。

配管や配線スペースを確保して。

 

短い工事期間に、段取り良く職人さんに動いてもらう。

事前に全ての資材や家具、加工品を段取りしておくこと。

きっちりした工程が全て。

 

今回の仕事は、社内で一番育てたい入社2年目の Y 君に任せながら。

手慣れた私からすると。、。

その行動が意味不明で、その場しのぎの段取りや対応に見えてなりません。

ハラハラしながらも、根気強く、わかりやすく説明しながら。

それでも上手く実践できなくっても。

それでもコツコツと伝え。

 

全ては、お客様の立ち位置でモノを創造し。

職人さんや資材屋さんには、わかりやすく伝え、手配。

常に相手目線で素早く段取りし、対応していく。

着工前に全てのスケジュールを決め、全ての手配を終え。

あとはそのチェックのみ。

 

こんな極意を新人Y君に何とか伝えていきたいものです!