福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

ご縁あって「NPO法人くるくる」さんへ家具納品!

2018-01-20

カテゴリー「キッチン・家具のはなし

投稿者 福井綱吉

図面はもちろん、手書き=手CAD!

製作家具は、おちゃのこさいさい!

 

好きなコトにはシゴトのご縁が付きますね!

私の本業は、木の家づくり工務店。

 

随分前までは、製作家具やメーカー家具、製作キッチン、インテリアを中心とする内装工事が本業でしたから、家具プランや家具づくりは十八番です。

そんな大好きな十八番シゴトですから、家づくり工務店としての自社で創る家づくりの家具やキッチン製作以外にも、単体での製作家具や製作キッチンのシゴトも引き受けしています。

もちろん、こどもの姿勢を守る「アップライト」や「マナビノイス」については、未来の日本を創る子供たちのために一生懸命普及の努力を惜しみません。

 

そんな私に、2か月に1回、1泊二日で各地を巡る異業種視察ツアーの仲間である「NPO法人くるくる」さんから、子供の支援教室を運営する施設への家具の依頼を受けました。

最終的には2月末の納品なのですが、今日は、その施設のパンフレット用撮影に間に合わせる為に、製作テーブル7台と、アップライトとマナビノイスの一部を納品してきました。

製作テーブルは、外注の家具工場ではなく、自社大工による家具製作です。

 

長年お世話になって家具屋のオヤジさんから譲ってもらった家具工場を活かし、若手大工による家具製作を営む工房です。ですから、ある程度の厳しい予算でも合わて造れます。

そして、仕上げの基本は、亜麻仁油塗りですから、もちろん私のシゴトです。

塗装屋は私とそれに応援させられる社内のスタッフ。

今回も、私と今日、一緒に愛知県刈谷市まで運んだ植田君、そして、デリバリ―担当の柳本さんがその犠牲者。

不思議なモノで、今度は岐阜県内の土産物店を経営する食堂から19台のテーブル注文を受けていて、来週の24日には店内を確認し、その場でサイズや配置、仕様を提案してきます。

 

建築屋には本当の家具は中々教えても理解が難しく。

いつまでも私の領域から抜けることのないシゴトですが、それはそれ天命と納得して、好きなシゴト、続けていきたいものです!

感謝!