福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

薪ストーブを愉しむ会 開催しました!

2018-02-04

カテゴリー「新築(木の家・施設・大型パネル・E-BOX)薪ストーブのある家

投稿者 福井綱吉

薪ストーブを愉しむ会。

 

今日は、少ない二組の参加でしたが、お陰様で濃厚なお話しができました。

一組は、薪ストーブや木の家に興味のあって近い将来、木の家づくりを目指しておられるご家族でしたので・・・

彩都「くらしの杜」の木材倉庫にある、難関契約在庫の薪燃料や広葉樹や針葉樹の無垢板の原板や床材、他造作材の在庫状態も見て頂き、現場で出た木材端材の薪ストーブ用焚き付け木材の在庫の説明。

そして、販売用の薪燃料置場でその乾燥状態や乾燥期間、薪燃料(クヌギ)としての適したサイズなどを説明。

それから、薪ひろばで斧による薪割りの実演とお試し薪割りをして頂きました。

 

そのあたりを終えたころに、もう一組の10年ほど前にKJ WORKSで木の家を建てて頂いたお客様も合流。

このご夫妻は薪ストーブ愛好家で再度、薪ストーブの焚き付けを学ぼうというご夫妻。

改めて、今度は店内で薪ストーブの実演機や色々なストーブの紹介。

薪ストーブからペレットストーブ、そして、エタノール暖炉までの説明。

薪ストーブ用アクセサリーを説明して、ようやく、「阿蘇小国杉の家・展示場」に移り、薪ストーブの火入れを実演説明。

 

実演したストーブはネスターマーティン。

このストーブは、火力は弱いですが、その分、炎が最高に長持ちします。

ただ、どんな家にでも合うかと言えば、人それぞれ、建物のサイズや気密にも関係します。

薪ストーブはその性能や出力、排気煙量、燃焼効率等等を考慮して建物によって選定も違うし、好みを私たちが見極めて商品を案内する。

 

例えば古民家の大空間に合うのはどんな商品?

気密性の良い小住宅であれば大きなストーブは不要ですから、むしろ、好みのデザインを聞き、その嗜好に合わせて提案する。

住宅密集地の場合はどう選ぶのか?

果たして薪ストーブの設置は可能か?

無理ならペレットストーブか?

色々話しながら。

 

熾火ができたころに、濡れ新聞紙とアルミホイールを二重に巻いたサツマイモとミカンを炉内に放り込み、色々な質問に答え、薪ストーブを提案できるのは、薪ストーブを知り、建築を知り尽くした工務店だから家づくりにも薪ストーブの設置計画にも責任と安心が保てる。

そんな話をしているうちに、気が付くと美味しい焼き芋と焼きミカンが出来上がり。

みなさん、無心に食べる。

二組のご家族も、もう一体化。

薪ストーブ談義ならではのアットホームな勉強会。

 

いつもながら、即興で開催の私の薪ストーブ勉強会でした。

二組のみなさん、ありがとうございました!