福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

トマムの復活はお客様に喜んでもらえる喜びから始まった!

2018-06-14

カテゴリー「KJWORKS福井のこと・学び事

投稿者 福井綱吉

トマムのザ・タワー

水の教会!夜は実に綺麗です!

朝5時過ぎにゴンドラで雲海テラスへ。

今日は6月というのに雪は降り。

残念ながら雲海は出ず!けど、その仕掛けとお客様の多さにはビックリ!

 

 

 

学びのツアー北海道編は、6月12日(火)と13日(水)でした。

新千歳から、十勝方面を目指して進み、ビックリしたのは、バブルのころに知った山奥のど真ん中の建つ超高層マンション4棟を中心とするトマムリゾートのその後。

 

お金さえ注ぎ込めばなんでもうまくいく!?

そんなバカげた時代がありました!

1981年から始まった旧国鉄と民間会社によるトマムリゾート空夢物語。

オープンの頃にはバブルもはじけていて、結果、多くの企業を巻き込んで破綻。

2004年から星野リゾートによる再生計画が始まり。

 

それから14年経った一昨日、噂の星野リゾートトマムで、雲海テラスの立役者、鈴木さんの話を聞きました。

話の中で、破綻前までの16年間は・・・「楽だったけど、楽しくなかった!」

星野リゾートに経営が代ってからは・・・「大変だけど、楽しい!」

 

最大の楽しい訳は、

「お客様に喜んでもらえる笑顔を見られるのが楽しい!」って言われます。

以前は、縦割り組織で、運営やイベントを考えるのはその組織のみで、現場は現場の事だけをやっていたらよかった!だから詰まらなかったと言われます。

星野リゾートに代ってからは、誰でも何でも提案してやってみる方向になって。

雲海なんて出ることは昔から知っていたけど、お客様が喜ぶとも思わず、また、提案する立場にもなかったわけで。

星野リゾートに代って、社員の中にどれだけの星野リゾートからのスタッフがいるのかと聞くと、支配人一人のみ!

以前からのスタッフだけで大変身!

シゴトはヒトの力なんですね!

色々な複合的な要因も入り混じってはいるのですが、人の育て方、人の力の活用術!

なんだか、私のKJWORKSにも相当通用する話です。

KJWORKSのスタッフもいい人ばっかり。

その同じスタッフで、みんなが喜べる会社にするには・・・?

創意工夫とヒトの力の発揮できる環境づくりと協働シゴト。

今年こそ!

使途に役立ち、人に喜ばれ、社会に感謝され、みんなに感謝できる、そんな会社。

今度こそ実現したいですね!