福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

蕎麦屋も私のシゴトです!

2019-11-09

カテゴリー「住まいのイベント

投稿者 福井綱吉

蕎麦打ちの最終仕上げは「切り」です。

 

 

11月9日(土)は、コラボ食堂の蕎麦屋の日!

朝7時半前に出社して、先ずは蕎麦打ち!

7年ほど前から、今年の10月までは月2回の蕎麦屋をしていましたが、「彩都 くらしの杜」全般と「木の家づくり」の改善、改革に力を注ぐ意味合いもあって、11月から土曜日の月1回のみになりました。

 

・・・が

11月は台風到来ということでくらしの杜が全休で中止。

それで、10月以来、久々の蕎麦屋でした。

 

常日頃のシゴトは、自分に、社会に、振り回され、振り回す、戦いの場。

ところが、蕎麦打ちは、約1時間、無の心で集中します。

実に心地よい、自分との闘い。

 

午前11時のオープンと同時に、私は、カマドでひたすら蕎麦の湯がきに専念。

一般のお客さんには、これぐらいの湯がき加減。

常連のあの人には、少し硬め、この人は柔らかめに。

燃料がガスや電気ではなく、薪の焚き付けですから、火加減と時間は「感」のみ。

 

カマドから店内を時折覗き、美味しそうに食べておられるお客さんの顔が愉しい。

食べ終えて、カマドに立ち寄って「ごちそうさま。美味しかったですよ!」

能を刺激する最高の喜びの時です。

 

この感覚を木の家づくりと「彩都 くらしの杜」でも味わい続けたい。

それが私の願いです。

ところで、本日、午後13時半。

43食(内、大盛7食ほど)完売でした。

この完売、これも、心地良い物語です!