福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

彩都でストーブを説明しました!

2020-01-25

カテゴリー「住まいのイベント薪ストーブのある家

投稿者 福井綱吉

かぐらで常時焚いている薪ストーブ!
ペレットストーブも燃やしてみました!

 

彩都くらしの杜では、冬場は薪ストーブがメイン暖房です!

かぐらで1台、小国館で1台を常時、焚いています!

かぐらの展示用薪ストーブは、3台が売約済み。

売約済みといっても、建築中だったり、リフォーム中のために、完成まではまだまだ間がありますから「売約済み」のシールが貼られています!

 

小国館で毎日焚かれていたRAISのストーブは売約済みのため、清掃して「売約済み」のシールが張られ、昨日からは、代わりに、ネスタ―マーチンの薪ストーブを焚いています。

 

今、何とか普及させたいと力を入れているエタノール暖炉は、かぐらに入ると正面のキッチン横に白い商品が展示しています。

けど、普段は、展示のみで炊いてはいません。

・・・が、本日は、ご興味のあるお二人のお客様に体感していただくために燃焼体験でした。

 

同様に、ペレットストーブも普段は、かぐらと小国館に展示のみですが、今回は、かぐらのトヨトミ製のペレットストーブで燃焼体験!

 

どのストーブも焚き付け方は実に簡単なのですが・・・

一番時間のかかるのは、やっぱり薪ストーブですね。

部屋が暖かい時に、炉内の風の流れを確認せず燃やすと、煙突からの風で煙が室内に逆流します。

このあたりの風の動きを把握して燃やせば何ら問題などないのですが。

 

焚き付け方にコツの要るのは、当然、薪ストーブ。。。

けど、どのストーブも、その建物環境によってそれぞれ違いますから、多くの人にぜひ理解してほしいもの!

 

ご興味のある方!ぜひ、彩都くらしの杜へお越しください!