福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

来シーズンの薪ストーブ用焚付け材確保!

2020-03-23

カテゴリー「新築(木の家・施設・大型パネル・E-BOX)薪ストーブのある家

投稿者 福井綱吉

ぶどうの枝を来シーズン用薪ストーブの焚き付けに確保!
ぶどうの木の幹は薪に使えます!もちろん来シーズン用。。。
枝を乾かすところが少なく、屋外屋根下の隙間にも確保!

 

 

午後からの打合せも早く終わり。

久しぶりに早く帰ったら、奥さんが車で薪ストーブの焚付け材を下ろしていて。

聞けば、もう一度、ぶどう畑のぶどうの木を引き取りに行くらしく。

 

いきなり、来シーズンの薪ストーブ燃料の焚付け材を引き取りに。

この木、良く乾かせば、よく燃えます!

幹のほうは、薪燃料としても充分使えます!

素直な木ではなく、曲がりくねっていますが、短くカットすれば問題無し!

 

今シーズンは寒い期間が少なく、1か月分が足らないと思ってたら、10日分ほど来シーズン送りになって。

来シーズン用の薪は、彩都に古くなった原木が多く、涼しい間に持ち帰っ来季こそ、しっかりと早めに確保したいもの。

 

クヌギの薪より先に、焚き付け燃料が2か月分ぐらいは確保できた感じ。

時間さえあれば、͡コナラの木も頂けそうなんですが、玉切りと薪割りも必要なので、会社の原木を薪割り機でカットしたほうが楽そう!?

この2シーズンほどは、薪燃料の確保に全く時間が取れず。

来シーズン分ぐらいは、しっかり、薪ストーブファンとして、薪確保せんとあきません!