福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

こまめにメンテナンスを愉しむ暮らし!

8年前の唐松のデッキ床は、腐りにくい、ボリビア産のマニルカラに張替えました!

木製窓は、洗いをかけてオスモクリアで復活!
8年経ち変色した玄関ドア(ヒノキ材+オスモカラー)と無塗装の面格子。

洗いをかけて、玄関ドアは、ガードラッククリアのチーク色に塗り替えて。。。

木製面格子は、洗いの後、オスモのクリア仕上げで当初の色にほぼ復活!

 

 

 

築8年の木の家。

8年前に木の家を建てて・・・その家とともに8年が過ぎて。

自分たちでは、家も同じ経年変化の中であまり気にもせず暮らしてきて。

 

淡い黄色を添えたモルタルかき落としの壁もいい表情になって・・・

木製窓や面格子も経年変化で鼠色が出てきて・・・

ただ気になるのは、デッキや2階バルコニーの床板が雨ざらしで一部が傷んできた。

玄関ドアの外側が、南西の雨風で表面が荒れてきた。

せめて玄関ドアを保護塗料で塗り替えたい!

デッキ板は傷んだ処だけでも張り替えたい。

 

そんな希望が。

よくよく見ると、木製面格子に洗いをかけたら元々に色に戻らないだろうか?

木製サッシの外部も黒く滲んだ処も気になる!

デッキやバルコニーは、いっそ、傷みにくい木材ってないだろうか?

 

デッキやバルコニーは、新築当初から、今回採用したマニルカラやイペは知っていたものの、1階と2階を合わせると床板工事だけで100万円以上になるし。

それよりも、内部や木製窓に予算を使いたい。

キッチンや家具を造作のオーダー製品で創りたい・・・

 

結果は、住んでみて、その考え方が正解でした。

せめて今度は、デッキもバルコニーも極力長持ちする木材で外空間を愉しみたい。

 

けど、せっかくの木製窓や木製面格子、木製玄関ドアについては、外壁の自然な感じに合わせた状態に、今回は復元したい!

今後10年後の、左官壁や板金屋根の修復の際に、仮設足場も設置して、木製窓や面格子ももっと丈夫な塗料で塗り替えよう!

次回10年後の外部壁や屋根を含めたメンテナンスは、ご夫婦の最終メンテナンスにしたい!

 

外部については、今回を含めてラスト2と考えておられます!

ご主人は私と同い年ですから、10年後にも私がメンテにお邪魔できるか?って伝えると。

当然でしょ!

っと、お互いを励ましてのラスト2のメンテナンスでした!

 

家づくりとともに、施主と工務店の関係よりも、何故かもっと深い、友人的存在感が出来上がっていく木の家づくり。

こんな時は、ほんと、家づくり工務店のオヤジしていて気分は充実します!

ラスト1のメンテナンスまであと10年。

コロナなんかに負けていられませんね!