福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

デッキ床のメンテナンス!

20年目のお家のデッキ床です。

 

 

 

 

20年目の木の家のお家。

10年前にデッキ床をやり替えました。

カラマツの床板を、小国杉の床板に。

それから10年。

やっぱり、傷みますね!

 

杉やヒノキ、カラマツ等針葉樹の床板は、室内では丈夫なのですが。

外部の床板となりますと、やっぱり10年が限界です。

ここ最近、「次は張り替えたくないので!」・・・

そんな方のために、水に沈むマニルカラ(イペに類似)材という広葉樹材の床に張り替えています。

この木は、20年から30年ぐらいは腐らない・・・

 

40年ほど前の大きな公共の公園には必ず、イペ材のデッキやベンチ、手摺が使われていました。

流石に、池や川沿いで使われる場所では40年ぐらいで腐っていますが、それ以外の場所ではいまだ健在です。

この類の床板は、かなり長寿命です。

 

今回はどうしますか?

すると、同じ板材で大丈夫です。

10年経てば、また取り替えますから・・・そういう方もおられます。

 

この6月、外部のメンテナンス依頼が頻繁です。

地味なシゴトですが、これが家づくり工務店のシゴトでもあります。

OBさんあっての家づくり工務店。

ほんと、家づくり工務店って地道なシゴトです!