福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

製作したテレビボードのお礼メールをいただきました!

万が一、引っ越すことになっても、何処でも使いたいからと、壁の間口いっぱいには造りませんでした!

左はテーブルに。右はご覧のテレビボードのカウンターに!

 

 

10年ほど前に全面リフォームしたお家からのお便りです。

全面改修したお家が、2018年6月18日の大阪北部地震と、そのあとの台風21号のダブル自然災害で屋根や壁が損壊し、屋外廻りの全面やり替え。

 

それから、ようやく落ち着いて・・・今回、テーブル天板の取り換えとテレビボードのご依頼をいただいたKさん。

元々リフォームしたお家の室内の家具は、明るい色合いが似合ったのですが、長年大事に使っておられた手持ちの食卓テーブルや椅子はナラ材の工芸調の色合い。

 

そこで、彩都の倉庫にある広葉樹や針葉樹の原板でつくっては?とお勧めし、想定するサイズのテーブル材に使える樹種を探したところ、アメリカンチェリーと銀杏の木、センの木、シオジの木、カバの木・・・などがありましたので、倉庫内で一緒に確認。

 

原板を観ると、その威圧感につい、どれもこれも良い・・・

迷われてしまい、私から、

「あの家に似合うテーブルとテレビボードのカウンターはアメリカンチェリーですよ!」っと進言。

そして、できたテーブルとテレビボードに大喜びいただき、「食卓テーブルがアメリカンチェリーになって、料理がより美味しく感じられます!」

 

テレビボードは予算を絞るために、天板はアメリカンチェリーで、扉は赤松の集成材にして、横目使いに!

この商品には、持っていた全てのオーディオ類が収まり、ご覧のようにテレビを置き、オーディオやスピーカーを配置した写真を写メールいただきました!

「大満足です!」の言葉とともに・・・

 

家づくりに関わって以来、ず~っとお付き合いできる関係!

これが、家づくり工務店ですね!

感謝!