福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

アトリエ(シゴト部屋!)に繋がるデッキは、ほっとする空間です!

わが家のアトリエ前のデッキから見た夕空は、何故か、不思議と薪ストーブの煙突に違和感のない空です!

 

 

 

 

日曜日ですが、午前中は会社で打ち合わせ。

午後から、芦屋でメンテナンスと製作キッチンの打合せ。

そして、春に引渡しをした池田の田舎間(古民家)のお家へ。

 

帰ってきて健康散歩!

シャワー浴びて、2階のデッキから夕空を見上げると、雲の隙間からお月さんが。

おもわず、iPhoneでシャッターを押すと・・・僅かな晴れ間の隙間のお月さんと薪ストーブの煙突が妙に相性よく映りました!

 

今もパソコンに向かう私のアトリエは、母屋から離れにある母の部屋の上にデッキを介してあるのですが、この母屋とアトリエを繋ぐデッキは、最高の傑作です!

仕事に集中する部屋の空気感と、のんびり寛ぐ母屋のリビングや食卓の空気感とは全く一致しません。

その不一致を、このデッキが融和してくれます。

 

このデッキを渡るコトで、私の空気感もどちらかの空気感に融和します。

17年前に私が希望のプランをラフスケッチし、当時、私と設計のコンビを務めた今は亡き正井君との共同傑作!

住んでみて、色々欠点が出るものですが、住めば済むほど満足のいく建物です。

建築当初は、このアトリエとバルコニーデッキをを今ほど意識しなかったのですが、コロナ騒ぎで、この期を完全意識したような配置計画に我ながら良い意味、ビックリします。

 

これからの在宅シゴトを意識した17年前の傑作のノウハウを、これからの家づくりのお客様に提供するのが使命!

そんな気持ちになれる、心地よい屋外と室内の共存空間。

お陰様で、私のノウハウの宝物になりました!