福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

小国杉のE-BOX(大型パネルの在来工法)ようやく着工です!

2020-08-25

カテゴリー「新築(木の家・施設・大型パネル・E-BOX)薪ストーブのある家

投稿者 福井綱吉

だだっ広い敷地は620㎡あります。

裏には綺麗な小川が流れています!

 

 

小国杉のE-BOX、第1号。

ようやく着工です。

この敷地は市街化調整区域のため、土地契約してから、市街化調整区域でのみなし道路使用許可申請・・・建築審査会・・・建築確認申請、そして、銀行の融資実行まで約半年強!

大変な作業と労力、そして、土地売買の手続き、仲介シゴト。

そして、本日、土地の引き渡し決済。

そして、地鎮祭!・・・と一気に進みました。

 

E-BOXという家づくりは、金物接続構造ですので、収縮のほぼない集成構造材で5年間実績作り。

そして、今年の初めから、全国各地の仲間が無垢の木で問題ない懸賞実験を繰り返してきているのを知り・・・乾燥技術や製品に絶対の自信のある「小国杉」を使うと宣言!

そのためには、ウッドステーションと一緒に小国ウッディ協同組合に出向き、工場での小国杉の乾燥程度のチェックをはじめ、その木材を加工場に入れた段階。そして、建て方後の収縮状態のチェック。

さらにその後の収縮状況の把握。

そんなことを熊本まで行く予定が、コロナでとん挫。

 

致し方なく、道路事情でパネル化できない現場組立ての小国杉の商品をプレカット工場でチェック、建て方時にチェック、その後にチェックと。

2物件の大阪の現場物件で検証・・・

結果、小国杉の優秀さ、小国ウッディ協同組合の乾燥、製造技術の成果が認められ、本日、めでたく地鎮祭の運びとなりました。

 

ここで建てるお家は、ごく一般的な大きさの家なのですが。

敷地が広すぎて、建物がほんとうに小さく見えます!

 

ここには井戸もあり、再利用!

荒れていた樹木を伐採したところ、小川側の敷地にはシダ類の植物が群生化し・・・山椒の木には山椒の実がいっぱい。

今年は実が少ない感じですが、おおきな柿の木もあります。

 

明日から即、基礎着工と行きたいところですが、本日が土地決済でしたので、明日から鉄筋加工開始して、現場着工は28日を予定。

小国杉のE-BOX第1号。

薪ストーブも焚いてお披露目は、正月明け予定です!

今からでも予約受付ますよ!