福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

自宅と蔵のアトリエを繋ぐ試み・・・ちょっと楽しそうです!

2020-08-26

カテゴリー「リフォーム・古民家再生・防音・遮音工事

投稿者 福井綱吉

蔵の自宅側をよく見ると、繋げられそう!

左が自宅で、右が工房の蔵!

 

 

 

今日は、さるお客様の家のリフォーム着工前の現場下見の日。

大工さんと私とで訪問。

自宅の天井と床下の全面断熱工事や床の張替え、天井板の張替え。

床の張替えと畳替え、塗り直し。。。などなど。

 

打合せ後に、ふと出てきた話。

蔵では現在、1階を機織りのアトリエ、2階は材料や荷物置き場として使っておられます。

入口は蔵の正面のみで、何かの間違いで、誰かが表から蔵の重い引戸を閉じてしまったら、何処からも出られない。

それで、何か良い案はないモノか???

 

ふと、自宅と蔵の隙間を観たら60cmほどで、計ると床の高さはほぼ一緒。

尚且つ、モデュールは若干違いますが、自宅玄関横の廊下と蔵の半間の壁がほぼ同じ位置。

これは面白い!

 

それと、今は、アトリエでシゴト終えたら、蔵の入口を出て、自宅玄関へと移動!

これはいくらなんでも無駄な動き。

 

内緒のリフォームですが、面白い、便利な、喜ばれる通路でつなぐ。

実に愉しいシゴト。

今度のリフォームシゴトに続いいて進めていきたいリフォーム。

早速、予算組してみなければ・・・面白いシゴトは尽きません!