福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

無垢原板でつくる家具は喜ばれます

チェリーの原板7枚とクリの原板2枚でテーブルとカウンター収納を作ります!

設計図兼製作図は、私のラフスケッチです!

 

 

私には、ほぼ毎月のように無垢板による家具の依頼があります。

新築中の物件の場合は、最初からラフスケッチで説明して図面化します。

リフォームでも結構あります。

 

そして、住んでからチェリーのテーブルが欲しくなった・・・

ナラの板でテーブルをつくって欲しい!

ダイネットカウンター手前にカウンター収納を。

できれば、天板はチェリーかウォールナットで。

キッチンの天板をクリ材にして欲しい!

シンクはステンレスで製作して。

テレビボードを作って欲しい!

玄関の式台にトチの木を使って欲しい!

キッチン天板はクリで、扉はセンの木で製作キッチンにしてほしい!

玄関収納をカバ材で。

 

色んな注文があります。

赤身の木目ばかりではありません。

白太も混じりますが、やがて馴染みます。

その辺の説明も木材に長けていないと不安がらせてしまいます。

よく吟味して、曲がり癖も理解しないと無垢板では注文は受けられません。

 

依頼する人も、本当に無垢の木を理解しないと創る人も迷惑です。

無垢の木が好きな人だからこそ、製作が成り立つ無垢の家具。

決して、キャドなんかでは描けません。

手書きだからこそ、理解できる納まりや職人技。

目が見えなくなるまで。。。描き続けます!

それぐらい、暮らしにまつわる家具づくりは愉しいですね!