福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

アルダーという優しい趣のある無垢板で室内を設えたい!

2020-09-11

カテゴリー「キッチン・家具のはなし山・木・素材のこと

投稿者 福井綱吉

アルダーの床板です。

 

 

随分昔、インテリアの仕事をしていたころに使ったことのあるアルダーの木。

小国杉の他、私が好きな広葉樹には、チークやメイプル、チェリーといった木の他に、昔から大好きな心が穏やかになる表情の木があります。

それが、アルダー、日本の名前は、ハンノキといいます。

 

広葉樹ですが、決して硬くはなく、表情は名前の通り、ハンなりとしています。

木目も柔らかい表情で、家具屋さんではたまに見かけます。

 

自分が好きな無垢の木は、大概は使っているのですが、このハンノキ、アルダーについては、工務店を始めてからは一度も使える現場に巡り合えません。

というか、薦めないからかもしれません。

床材でも、探せばどこかにあるのですが、少し高い!

無垢板でも原木の調達先は知っていますが、まだ使えないまま。

 

床板や家具、キッチンカウンターにも似合います。

優しい、おっとりとした、はんなりとする、そんな空間がお好きな方にはお勧めです!

一度使えば、おそらく、追随する無垢の木です。

今度は、お客様との話し合いの中で、この人だ!と思ったら薦めてみることにします!

 

毎年の11月3日が、今年はコロナの影響で開催できず、11月1日、2か、3日の3日間開催する素材市で、来た人に勧めてみたですね!