福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

訳アリを解決するリフォームは、家族みんなが喜びます!

2020-09-18

カテゴリー「お店・施設づくり

投稿者 福井綱吉

吉野山のやつこは、かつての座敷が1/3になりました!

 

 

 

訳アリを解決するのが、リフォームのあるべきシゴトです。

写真は、吉野山の名物店「柿の葉寿司のやつこ」です。

リフォームして既に10年近くになりますが、繁盛しています。

コロナの影響で、吉野山を訪れる観光客は減りましたが、「取り寄せ」が来店客減を賄っています。

 

リフォームする訳がありました。

喫茶コーナーもあったのですが、薄暗いお店で、喫茶以外は全てが座敷。

常連客の高齢化で、座敷がしんどくなってきた。

座敷に上がる時、座るとき、立ち上がる時・・・みなさん、大変な表情。

 

厨房が地下にあって、急階段を上り下りするのが大変。

特におかみさんは、腰が悪く、仕事での上り下りが憂鬱で限界!

若いお客さんのリピーターが少なく、先が心配!

「取り寄せ」の手段が、電話かFAXだったので、やり取りが大変!

まだまだありましたが、大きな訳はこんな感じ。

 

そこで、地下でできた品物や食べ終わった配膳はダムウェーダー(商品用の小さなエレベーター)に切り替え。

階段の勾配を半減して緩やかに!

座敷はおしゃれな若者向けにして、高齢者は椅子席に変更。

椅子席というかボックス席を全体の2/3に。

喫茶コーナーを、明るい、見晴らしの良いいカフェコーナーに。

ホームページを開設して、「取り寄せ」は、メールで。

もちろん、常連さんのFAXや電話もあるのですが、大半がメールに。

 

そして、お店の雰囲気には、昔ながらの天井や丸太張りや桁を魅せて・・・

一見、外部からの表情・・・

全体的な形は同じ!

だけど、全く違う!

 

そして、頑丈になって安心感が感じられる。

昔から流行ってはいたのですが。

リフォーム後は、吉野随一、奈良県内でも指折りの名物店に。

そして、ミシュラン推薦のお店に。

 

目的あって、訳あっての店舗リフォーム。

私の過去最高の傑作です!