福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

自給自足の薪ストーブのある暮らしを拝見!

2020-10-01

カテゴリー「薪ストーブのある家

投稿者 福井綱吉

薪燃料調達と、米、野菜、は全て、自給自足の暮らしをされておられます!

帰り際に、自宅畑から・・・

サツマイモ、ヘチマ、ゴーヤ、茄子、を頂戴しました。

 

 

午後から、とても画期的な自宅と蔵を繋ぐリフォーム工事現場を京都市上京区で確認し、そこから、山科の懐かしいお客様の家を訪問!

駐車場に行くと、薪棚にたっぷりな薪燃料が積み込まれていて・・・・・その向こうに懐かしい薪ストーブの煙突と木の家が見えます!

彩都のコラボ食堂裏の窯戸(おくどさん)は、この家の解体の時に頂いて持ち帰った部材を利用して創ったモノです!

彩都でエジプト窯をつくった時に、ご主人が写真と製作工程を書き取り。

やがてそのノウハウを基に自宅庭に、エジプト窯を再現。

私が、彩都くらしの杜を立ち上げた時に現在のコラボカフェにSCANの筒型で曲面ガラスのストーブを設置。

このストーブの大型タイプを自宅に設置し、気に入ったので展示したのですが、今日、ご自宅にお邪魔すると、くらしの杜のSCANと同じ薪ストーブがリビングに鎮座。

 

天井の高い、和の色合いの高い、和洋折衷の勾配天井のある、ほっこりするお家。

いつ来ても落ち着くお家。

その感覚は、彩都くらしの杜の「小国館」に通じます。

そして、このころはキッチンや洗面、家具は殆ど製作モノ。

製作家具が当たり前の時代でした・・・

 

積もる話を終えて、泥部屋を出ると、色々な野菜の畑の目の前に。

その場で、ゴーヤとヘチマをもぎとり・・・

収穫済みの茄子、サツマイモまでも頂き・・・愉しい午後でした。

Hさん、ありがとうございました!