福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

薪ストーブの暖房効果と安全対策工事!

2020-10-18

カテゴリー「薪ストーブのある家

投稿者 福井綱吉

窓の結露対策と暖房対策にはインナーサッシ設置もその一つです。

薪ストーブの横にはカーテンは危険ですので、プリーツスクリーンに取り換え。

 

 

 

薪ストーブを設置するには、断熱、安全対策が大事です。

昨日は、朝から薪ストーブとその断熱、結露、安全対策の工事の予定でした。

けど、朝から終日雨。

 

薪ストーブ設置予定だったお家は、まだ築20年ですが、地元の大工さんが建てた田舎間。

20年前といえば、最低限、ペアガラスの窓が普及し始めていたころです。

・・・が、当時の大工さんにはアルミサッシ = シングル硝子 が当たり前だったのか?

コーナーのストーブ予定の場所を挟んで左右の窓は、シングル硝子のため、室内の窓際の床や窓枠は結露水で水浸しが繰り返されて染みだらけ。。。

 

そして、両方の窓にはレースカーテンとドレープカーテン。

薪ストーブの横にゆらゆらとするカーテンがあっては火災の原因になります。

床下には断熱材もなく底冷えするそうですが、ここは暖房カーペットで我慢するというお話。

 

そこで、雨で薪ストーブ設置は延期したものの・・・二か所のインナーサッシ工事は職人さんが現地へ向かっているため、私も、工事の立ち合いと、カーテンの代わりに、プリーツスクリーン取付に現地入り!

 

インナーサッシ寸法を測ったのは私で、責任もあり、早めに行って待機。

それと、インナーサッシが設置されないとプリーツスクリーンも取り付けられず。

窓枠が変形もしていて、インナーサッシの施工に時間がかかり・・・

結局、プリーツスクリーン含めて完了したのは午前11時半。

次の予定地にギリギリの時間!

 

けど、二か所のインナーサッシをペアガラスにしたことで室内の温もりは段違い!

そして、レースとドレープを兼用したプリーツスクリーンで室内はお洒落に変身!

肝心の薪ストーブは次の日曜にに延期で、もうそのころには、この山奥は寒く、火入れと同時に薪ストーブライフに変わります!

いよいよ、薪ストーブ、ペレットストーブ、エタノール暖炉本番のファイヤーライフの季節が始まります!