福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

自然木をあしらったお店のようなキッチンカウンターで食事する提案!

2021-07-12

カテゴリー「お店・施設づくりキッチン・家具のはなし

投稿者 福井綱吉

広幅のニレノキの原板2枚。

さてどう使うか?

幅広いトチノキとニレの原板。
トチノキはカウンターかな?

 

レストランやカフェに使う業務用ステンレス流し台や調理台を一体型でビルトインコンロを埋め込めるように製作!

そこに深い水槽を・・・

お洒落で大容量で高性能なグリル無しのIHヒーターを設置。

シングルレバーハンドルの水栓カランは、ステンレスシンク横の天板から立ち上げ!

 

その正面にはステンレスキッチンを無垢のトチノキとニレノキでL型に囲う!

自然木ですから、まともに繋いだらゲンナリですから、ちょっとした工夫が要ります!

キッチンカウンターというものの、肘掛け椅子でゆったりと座りたいので、キッチン床は座席より下げる必要があります。

約170~200mmぐらい。

 

そして、そのキッチンの背面には業務用の引出し付き収納カウンターを配して、そのカウンター上にはニレの原板を載せる!

そのカウンター上には、吊棚では面白みも心地よさも感じないので・・・

薄い厚みのクリかセンダンの木の原板を一枚吊る!

 

照明はレール式で移動可能なスポットライトで、壁や天井を使って間接照明に。

全てをあんまり拘り過ぎると予算もどんどんアップするので、メリハリをつけて如何に予算を絞るか???

 

愉しいけど、厳しい注文に如何にこたえられるか?

お客さんは、写真や出かけたことのあるお店ぐらいの視覚でしかわからず。

結果の喜びを創意工夫するのは私。

 

中々なプレッシャーですが、結果の喜ばれるお客様の顔を楽しみに今から図面にします!

頭の中には何となく出来上がりましたので、明日、絵にするか!