福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

採用してみたい縁側の肘掛け椅子2脚!

2021-07-22

カテゴリー「キッチン・家具のはなし

投稿者 福井綱吉

この椅子2脚は、いつ眺めても飽きない逸品です。

 

 

 

もうずいぶん前のコト。

住宅地の一角に取り壊す予定のお家がありました。

建て替えそのものはお請けすることはできなかったのですが、古ぼけて傷んだこの椅子2脚と黒檀のひび割れたテーブルをいただきました。

 

その2脚の藤の椅子の座面のバンドを取り換え、座面と背板用のクッションもつくり替えて現在、彩都くらしの杜のかぐら2階に展示しています。

黒檀のひび割れたテーブルは、ひび割れ部に埋木して磨き、塗装して、現在はE-BOX彩都モデルハウスの小上りの畳座に配しています。

くらしの杜のかぐらでは、こうした商品を展示して販売もしています。

 

私的には、庭に面した和洋折衷のリビングから一杯の珈琲を頂きながら庭に向かって座る

座敷の庭に面した縁側に黒檀のテーブルと一緒に使う。

欲しい人を待つのではなく・・・素敵だと感じられる方のお家に工事の一環として納品する。

これが一番喜ばれるコトと思っています。

 

今のところ、そうした建築物件が無かったのですが・・・

今度、川沿いに建築計画するお家の窓越しに座って寛ぐことが似合うおばあちゃんがおられますので。

完成した暁にプレゼントするのも面白いのではと秘かに狙っています!

決して、新品でもなく、買ってもらえるのは良いのですが。

似合うお家、似合うお客様がおられれば、その方に譲ることもひとつの考え方。

 

喜ばれる木の家づくり!

そんな想いにぴったりのことかも知れませんね!