福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

今ある建物の良さを活かすシゴト!

古民家で活かしたい玄関の表情!

ご依頼のお客様からの要望をお聞きしたのちに、初めてお邪魔したリフォーム依頼の建物の玄関に入って思ったこと。

『この玄関は活かしたい!』

玄関建具や土間も残して、しかも温かい家にしたい!?

更に話を聞くうちに、この土間の延長でお家の裏まで土間つながりの空間にしたい!

そう考えると、中々ハードルの高い話なのですが、この場合、写真に写る玄関土間や飾り窓、天井部分を風除室として魅せる!

この手前に更に引き違い戸を設けて、その続き土間の玉砂利洗い出しのコンクリート下地には防湿フィルムと高断熱材を充填することで、冬場の床下からの冷え込みを封じる!

そしてこの土間には薪ストーブを設置する!

そうすると、この広い土間から天井を取っ払った勾配天井の吹抜のリビングや食卓、キッチンの大空間が輻射熱と遠赤外線の暖気で冬場は極楽気分!

もちろん、屋根からの冷え込みを防ぐために瓦屋根の下にフェノール樹脂の硬質断熱材を張り巡らし、仕上げは漆喰仕上げに!

全ての窓には現状の木製建具を活かしてその内側に樹脂製のインナーペアガラスサッシを設置することで熱の流出を防ぐ。

冬場は、ほかほかと南国気分で、夏場は土間のひんやりと大屋根からの熱を塞ぐことで昔ながらの瓦屋根の涼しいお家に。

契約も工事もまだこれからなのですが、私にはもう出来上がった時の建物の表情と、喜ばれるご家族の表情が見えています!

新築も愉しいけど、薪ストーブのある古民家リフォームは更に愉しいシゴトです!

薪ストーブのある暮らし、古民家リフォームは、私の家づくりの一つの大きな柱でもありますから、常に全力で取り組む。

但し、あくまでお客様目線の家づくりを忘れずに常に精進していきます!

来年3月の出来上がりが待ち遠しいですね!