福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

木の家づくりの現場では見慣れない目線の景色!

マンションの高層階からの景色は、素敵ですが、私には住む景色には感じられません。

12月24日から大阪東部で古民家リフォームを開始します。

消音処理されたフローリングの張替え仕事です!

 

その前に、そのご主人から売却したマンションの床の張り替えを依頼されて、今日が張り替えの最終日。

大工から、あと30分で完了すると聞いて現地へ。

部屋はマンションの9階です。

普段、平屋か二階、たまに三階建ての建物しか創らない私には、この景色はというと、爽快というよりも、綺麗だけど,落ち着かない!

地に足が着かない感じなんです。

観光や食事などで訪れる建物やビル、施設では、それなりの割り切った気持ちですから、なんら気にもならないのですが,ではここに住む!となると「・・・」

今の私には「NO!」です。

けなしている訳でではなく、一軒家慣れした私には、高層マンションに住むのが無理なんです。

つい先程、近隣挨拶回りした近所のご主人と、街に近い処の自然たっぷりの平屋の家がいいなあ!

って話していたらいわれました。

「若いうちや、元気なうちはええけど,歳とったらやっぱり、駅近で百貨店やスーパー、病院、役所、レストラン、薬局が近いところが一番やで!」

こんな山の中で車でないとどこにも行かれんとこは歳取ると不便でしゃぁない、アンタ若いから、そんなコト言えるんやで!」

若い!って言われると、なにやら嬉しい気持ちになる私なんですが,「決して若くもない!」

そんな私は、それでも、街の騒音の中は、マンションは、嫌ですね。

自然の多い土地に住むと、近隣の人との何気ない触れ合いや、たわいもない会話、自然の景色や風、水との関わりなどなど、街中のマンションでは味わえない、かけがえのない自然の空間や空気、音、営みが落ち着きます。

かつて若い頃はマンション暮らしだったんですけど、そういえば土日の自宅でのんびりしていることはなかった!

それに比べると、今の木の家での暮らしは、自宅で休める時はのんびりとダラけてます!

この心地良さ、安楽が、木の家にはあるんです!

たまのマンションシゴトでそんな想いをおさらいさせてくれます!

 

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie