福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

無垢板のキッチン扉や家具扉などは毎回、こうして選定しています!

2022-05-25

カテゴリー「キッチン・家具のはなし

投稿者 福井綱吉

無垢板の建具の原木選定はあこんな感じでしています!

ココは無垢板の原板を選定している彩都の木材倉庫内です。

新たなキッチンを無垢板でつくる時や家具の天板、建具、本体等を選ぶ際には、必ずこうして原板を並べ、横接ぎして建具や本体BOXの幅や長さを土間に並べて、板の繋ぐ木目や反りの具合などを判断しながら材料を選んでいきます。

例えば幅450mmで長さ900mmの建具3枚を創ろうとすれば、先ず、原板の長さが3000mm近い長さの板を最低2枚か3枚探します。

三枚の扉があまりにもバラバラでは出来上がった時に様になりませんので、同じ柄が3枚取れる原板選びが必要となります。

その長さがない場合には、違和感のない原板を何枚も探し、無垢板の良さを表現できるように選定します。

因みに土間に見えるのはセンの板とクリの板の原板です。

こうした作業はほんと、大変なんです。

出来上がってからビックリでは話になりませんので、削る前の木目の感じを見極め、お客様に代わって判断する!

責任重大な原板選び!

だから、こんな仕事は一般の工務店はしないし、したくもありません!

自ずと無垢板の扉なんて扱いません。

扱っても、家具や任せで、責任も家具や任せ!

トラブレバ家具屋の責任!

だから、メーカーの既製品で逃げようとする!

けどそんなつまらない製品を使っているようでは、注文建築する資格なんてありません!

だから、私はまだまだ注文建築が愉しいし、やり続けたいシゴトでもあります!

 

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie