福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

2022-04-05

カテゴリー「伝えたいコト

投稿者 福井綱吉

桜の花見が始まった訳って、なるほどね!

こんなに、もう満開最高潮です!

リモートで

アトリエに引き籠って朝から椅子に座り、延々とパソコンと戦っていますと、ほんと、視神経をやられます!

こんなに気持ちの良い天気なのに黙々と積算、現場の段取り、実施図面、プランニング、資料集め等々やってるとお昼も忘れてしまいそうです!

今日のお昼は誰もいないので、冷凍食品をフライパンで簡単調理してお終い!

そして、ずるずるとまたアトリエの椅子に。。。

をとどまって、昼食後の健康散歩に。

車道を、公園を、住宅地内を歩いていて、どこもかしこも桜の満開時!

土手にも桜が咲き誇っています。

小高い墳墓跡の公園にも桜が満開で、風で桜吹雪も。

この桜の木が日本全国に広まった訳を先日、ちこちゃんでやってて、「なるほど!」て感銘を受けた話を思い出しました!

財政の苦しい江戸時代に、江戸では川の決壊で復旧費用にも事欠いていたころ、堤防を造ってその土手を強固に固める方法として桜の木を植えたといいます。

川の堤防が出来上がった土手に桜の木を植えて、毎年、花が咲く頃になると花見に多くの人が出かけてその土手で花見をし、多くの人が歩き、座り、子供は走り回る!

そうすることで地が固まる!

この方法が全国に広まり、その後、花見という習慣が日本全国に普及したといいます!

どこまで本当かどうかはわかりませんが、昔の人の凄い発想ですね。

そんな花見もこの2年コロナ禍でさっぱり!

緊急事態宣言や蔓延防止条例も解除になって花見する人もいるのですが、花見の公園にはつきものの出店も全くなく、早く昔の風情に戻って欲しいものですね。

マスクして、人を警戒し、目をそらし、挨拶もしない。

行き交いの際には顔をそむける!

良い年したお年寄りから中高年のオジサンやオバサンも。

こんなことでは子供の教育もあったもんじゃあない!

早く元の笑顔の挨拶が当たり前な時代になって欲しいものです。

日本人の最高の良さが、また一つ消えてしまいそうですからね!

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie