福井の気づきブログ

福井の気づきブログ

斑鳩の里で建築中の玄関ドアの引手が完成しました!

2022-05-31

カテゴリー「山・木・素材のこと

投稿者 福井綱吉

今度の玄関ドアの引手もアイアンで創りました!

今回の斑鳩の家の玄関ドアは、前回、四条畷の古民家リフォームで製作したKJWORKSオリジナル玄関ドアと同じセンの板で創った断熱ドアです。

ただ、前回採用した玄関引手は10年以上会社の展示館内に眠っていた鉄と真鍮の叩きで仕上げた蜜蝋塗りの最後の1組でしたので、同じものを要求されてもありません。

けど、同様の鉄の叩きで蜜蝋仕上げの引手が欲しい!

ということで、先月、滋賀の山奥の鉄工房を訪ねて製作依頼していた逸品が出来上がってきた次第!

結構、希望通りに仕上がったので、改めて4セット注文しておきました。

この10年近く、私自身、高断熱・高気密の木製ドアの製作はしておらず、アルミメーカーのドア製品、若しくは、木製ドアメーカーの仕入れに委ねていたのが実情です。

その間、その委ね方に相当違和感を感じ始めていて、前回の古民家リフォームで遂に、既製品が嫌になって、自社倉庫の暴れの少ないセンの板を利用して再び製作してみました。

すると中々な出来栄えに我ながら嬉しくなって、今回もお客様に進めたところ今年2軒目のオリジナルのセンの板の無垢板ドア。

同様に鉄の叩き引手を採用。

そして来週から開始するお家にも今年3軒目のセンの板の無垢板ドアを予定。

その後も、契約前ではありますが、センの板のドアを別に4台製作予定で、にわか製作ドア創りが頻繁になってきました!

私自身が創りたいと思いだすと不思議とお客様にも思いが乗り移る?というかその気になっていただける!

本当にありがたいことなんです!

けど、そろそろ、本筋の小国杉をもっともっと関西に広げていくのが私のシゴトですから、ドアに限らず、小国杉を徹底的にアピールできる仕事にも専念しないとあきません!

話は変わりますが、KJWORKSの木の家の原点である小国杉、小国町との交流もコロナ以降途切れていますので、ようやく収束の見えた今年から、交流の復活を勧めます!

ということで、この10月は、新しいスタッフの勉強もかねて、小国ツアーを復活します。

詳しくはこれから検討なんですが、ちょっと嬉しいお話ではあります!

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie