安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

箕面市内で大改造のリフォームです

2020-06-16

カテゴリー「現場のお話

投稿者 安本峰樹

現在、箕面市内でリフォーム中のIさんの現場写真です。

中古住宅を購入され1度リフォームされたIさんの家ですが、
リフォームしたい無いところを中心に、大規模改修のご要望でした。
薪ストーブに、オーダーキッチン、漆喰塗りの壁に、サッシをすべて交換する断熱向上、そしてもちろん耐震工事も。
そして屋根も壁もやり替えるため、新築並みの工事内容ですが、Iさんは以前リフォームされた雰囲気を残されたいというご要望がありましたので、大規模リフォームとなりました。
ただ、Iさんが購入する前に前の持ち主がかなり何回もリフォームした様子が、床や天井をめくってみて分かってきました。
基本的には、リフォーム前には天井裏や床下も確認するのですが、今回Iさんの家では床下に潜る入口が無く、
解体工事での床下確認になりました。
ただ年数的に劣化が進んでいると思われるので事前の御見積にはある程度の構造体補強の工事日は入れていたのですが、
実際解体してい見ると、シロアリの食害が思ったより進んでいて、想定外の範囲の補強が必要になりました。
リフォームは難しいですね。
ただ今回対策しなければ、今後の影響が大きいため、しっかりと補強、そしてシロアリ対策工事もします。
また、基礎が一部ブロック基礎だったことも判明。
元々基礎工事は補強することで予算を見ていたので、大事には至らないのですが、
大規模リフォームでなければ対応ができないところでした。。。
築年数がたてばたつほど、劣化も進みますし、
現在の法規制にも対応できなくなっています。
古い家の雰囲気を残してのリフォームはもちろん大事ですが、
予算をある程度かけて見えない部分の補強をすることが、さらに何十年と住んでいただくためには必要なことかと思います。

天井も床下もがらんどうです。この後窓も撤去します。

基礎はブロック基礎!
平屋ですが、コンクリート基礎を内側に施工して補強いたします。

イベント情報

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie