安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

大阪の豊かな自然での家づくり

2020-08-27

カテゴリー「建て替えについて

投稿者 安本峰樹

大阪北部の農村エリアで建て替えの相談があり現地にお伺いしてきました。

山あいのエリアですが、田んぼや畑に囲まれて日当たりや通風が最高です。
こういった農村エリアの場合、山側に集落がある場合がありますが今回の敷地は平地のため
開けた開放的な良い敷地でした。
ただ、法的な区分けでは市街化調整区域となっているため
特別な法的手続きを踏まえての建築になります。
市街化調整区域は、市街化を抑制して自然を残すエリアが多いため、
農村部はほとんどこの市街化調整区域となっています。
市街化調整区域は法的な手続きはもちろんローンが通りにくいため
土地から購入して新築と言うのはハードルが上がります。
今回は今住んでいる家の建て替えのためそこまでハードルは高くありませんが、
河川の浸水や敷地内の付属物など、このエリア特有の検討すべき課題があります。
薪ストーブライフが楽しめそうな地域なので、
冬も楽しい家づくりになりそうです!
敷地の近くから眺める山と青空、そして田んぼの緑が癒されますね~