安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

板材の色合い 15年の差

2021-02-10

カテゴリー「こんな事がありました

投稿者 安本峰樹

先日、築10年近くたつお住まいの方の子供部屋工事の件でお伺いしてきたときの話です。

新しく間仕切る壁は、赤松の集成材をパネル化して間仕切る予定なのですが、
どんな雰囲気になるかのご質問があったので、色合いについて現状とかなり違ってきますが、
日焼けすると馴染んできます、と回答させていただきました。
今回のように、無垢の木の家のリフォームで、新しい部材を入れると意外と新品と古い木の色の違いに驚かれることがあります。
元々は白っぽい木が日焼けであめ色に変わっていくのですが、徐々に色合いが変わるため
住まい手の方は色の変化を意識することがありません。
時々リビングに敷いているカーペット等を外してみて日焼けの差が分かるという事くらいしか、
色の差ってわかりにくいんです。
ですが、木は年数が経つと確実に色合いが変化してきます。
新築時の写真と現状比べるとその差は歴然です。
でもその色合いが、無垢の木の良さなんです。
あめ色になった使い込まれた風合いこそが、新建材の家では実現できない
無垢の木の良さです。
それは集成材であっても同様です。
家具等で使われる集成材も材質は無垢の木を貼り合わせているため色合いの変化は同じなんですね。
後は塗装です。
ウレタン塗装は色の変化が出にくいですがオイル塗装などの自然系塗装やワックスでは色の差が出やすいです。
ケイジェイワークスのあるくらしの杜は建築して15年以上が経過しています。
同じ赤松の集成材を新品と比較した写真が下です。
同じもとは思えない色の差があるんですね~
新築時の感じも良いですが、やっぱり木の家は5年、10年経った色あいの方が私は好きですね!
右が15年以上前、左の白いほうが新しい赤松集成材の板です。
15年経つと同じものとは思えないくらい飴色に変わってきます。
ただし日当たりによって色の変化は違いますのでご注意くださいね!
写真の場所は良く日の当たる場所なんです。

 

【こだわりの家を建てたいなら!メルマガ登録】

まずはメルマガ登録でこだわりの家づくりについて学びましょう!
家づくりにまつわるお得なお話や知っておきたい話。
素材や、プラン、資金計画から土地探しの話まで様々な内容をお届けいたします。

ブログで書けないような内容もありますので、お楽しみに!
ご登録はニックネームとメールアドレスの登録だけです。
ご登録はこちら

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie