安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

占い師ですか?と言われました。

2021-03-11

カテゴリー「こんな事がありました

投稿者 安本峰樹

先日、弊社のOBさんの家で給湯器の取り換え工事を行いました。

以前から、相談を受けていたのですが、使用状況と年数的に
今年の冬に壊れるかもしれないので、もう交換したほうが良いですよとお話していました。
すると、交換の2日前に故障したと連絡がありました。
工事日は決まっていたので、2日間だけ銭湯生活でしたが、
工事当日に、
『安本さんの言われたとおりになった。
怖いぐらいにタイミングが的中したわ。占い師ですか?という感じです。』
という、誉め言葉?をいただきました。
実は予定では、もう少し早い2月に給湯器交換する予定でだったのですが、
1月の寒波で給湯器の台数が激減し、機械を押さえられなく
やむなく3月初頭に計画したものの、今度はタイミング悪く
大雨で工事延期に。。。
その間に壊れてしまったという訳です。
ですが、ご主人はそのおかげで限界まで使えたとの事でタイミングが良く分かりましたと
前向きなご回答をいただきました。
今回は占いでも何でもなく、
過去の経験から予想しただけですが、不可抗力があり予定通り進まなかったのが誤算でした。
本来なら壊れる前に交換したかったですが、使用上はギリギリセーフなタイミングでした。
工事に関しては、以外と思ったタイミングで入れないことが多いんですね。
特に水道など設備関係は緊急工事や災害等で予定が狂う事も多いです。
またコロナ過の非常事態宣言などで工事の量など動きにムラがあるようにも感じます。
私たち業者側から急かすと逆にご発注が伸び伸びになる事も多いのですが、
結果的に外的要因で予想以上に工事が伸びることもあります。
こうして先の事や不確定要素を含めて工程をお話しますが、
なかなか壊れていないと不便が無いので
先延ばしになってしまう所が悩ましいですね。
家づくりに関する工事の場合、先にできる事は、先に先にしておくことが大事だなぁと今回の工事で感じました。
使用期間を考えるとこのガス給湯器は大往生でしたね。
それにしてもきわどいタイミングで工事ができてよかったです!

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie