安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

土地が見つからない時 土地の探し方 【土地が見つかったら】

2021-05-08

カテゴリー「土地探しについて

投稿者 安本峰樹

土地が見つかったら

全3回でお届けする、土地の探し方についてですが、今回は最後の「土地が見つかったら」です。
 
いろんな手を尽くして、ようやく ある土地が出てきました。
ここで、土地を押さえて契約しないと今までの努力が水の泡です。
そのためには素早く動く必要があります。
かといってこの土地を買ってよいのか?を立ち止まって判断する必要があります。
そのために少しだけ心構えをご紹介します。
・土地に掘り出し物はない
・土地を見るときは、敷地だけ見ない
・土地の下見は家を建てたいパートナーと見に行く
・良いと思った土地に出会ったらすぐ行動
・先を越されても気にしない
最後に
・土地に掘り出し物はない

出来るだけ、広く、安く、明るい土地を皆さんも止められますが
土地を見るときには「土地に掘り出し物はない」
という言葉を意識しましょう。

周辺の土地より単価が安い土地が出ても
飛びついてはいけません。

安いなら安い理由が何かあります。

土地の裏側を見てみてください、

土地でなく周辺の環境を見てください、上空も。

道路は車が2台すれ違えますか?
道路より土地は下がっていませんか?

本当の掘り出し物は買主に情報がわたる前に、
売主さんから相談があったときに不動産屋さんが
先に買ってしまって価値(建売など)を付けてより儲かるように売り出します。
そのため、掘り出し物は買主さんに情報はわたらないのです。

100満点の土地の情報は入らないと思ってください。
その土地の減点内容が許容できるかどうか。
許容できる内容と値段の折り合いで、あなたにとっての土地の良さが決まります。

■土地を見るときは、敷地だけ見ない

土地を見に行くと、敷地を道路から眺めて、
通風、明るさやお隣さんだけを確認しがちです。
ですが、家づくりでは道路や周囲の状況が結構重要です。

見るポイントとして例えば
道路が狭くないか(車がすれ違える、曲がれる)
敷地の周囲に高低差が無いか(敷地の裏は崖になっていない?)
電柱が傾いていないか(道路が陥没していないか)
谷状の地形ではないか(雨が流れ込んでこない?)
近隣にごみ屋敷は無いか(庭先がきれいな家が多いか?)
などなど

これらを見る理由はいろいろありますが、
例えば道路と土地の高低差は建築費用に大きく関係していたり、
道路が規定より狭いとローンが付きにくかったりします。

車だけでなく歩いてわかることもありますので、必ず周辺を歩いてみてください。
そして駅を利用される方は、一度駅から歩いてみてください。
子供がいる方は小学校から歩いてみてください。
(中学校はさすがに大丈夫かもしれませんが)子供の脚で歩いても
問題ないですか?
夕方暗くないですか?

などなど土地を見るときは実は、
土地を見るよりも周りを見るときのほうが時間がかります。

■土地の下見は家を建てたいパートナーと見に行く

先ほど挙げた土地を見るときのチェックポイントは
家を建てる上での法規や建築方法、地盤についての手掛かりになる項目です。
不動産屋さんは土地の良いところの話をしがち。

それ自体は悪いことではありませんが、
不動産屋さんや買主さんが気づかないことも、
実際に家を建てている業者さんは分かることがあります。

土地の購入はそれが目的ではなく、家を建てて住む方ことが目的です。

実際に建てる業者さんと下見をしてアドバイスをもらい購入を決めるべきです。

土地の契約をしてから建築コストが上がったり、
希望の建物が建てられないとからといって
土地の解約をしたくても契約の無償解除ができず
違約金が発生することになります。

かといって、悩んでいては他の人に先を越されます。

土地が出れば、すぐ動いて家を建ててもらいたい
業者さんと一緒に土地を見てもらいましょう。

■良いと思った土地に出会ったらすぐ行動

良いと思った土地に出会ったら、すぐに行動です。
事前に示し合わせていた工務店の人とプランの計画や
ローンの手続きを同時に進めながら、土地の契約に進みます。

土地は契約するまでは、必ず買えるとは限りません。

まず急ぐのは売主さんとの条件を合わせて契約して土地を押さえることです。

そのためにはローンの審査も必要ですし、
ローンの審査のためには建物の図面と見積が必要です。

土地が決まると急に忙しくなるのです。

こんな感じで今までの土地探しの時間の流れが変わると
不安に思うかもしれませんが、条件が折り合って
購入に問題ないと思われたら、後はスピード勝負なのです。

ここで、躊躇すると他の人に買われます。

良い土地で有ればなおさらです。

私自身も、土地の購入の検討に時間がかかり、
いざ決断して不動産屋さんに午後に電話したら
「その日の午前中に売れました」という事もありました。
何事もタイミングが重要です。

■先を越されても気にしない

そしてここでダメだった場合の話をすると、良くないのかもしれません。

ですが、土地探しは必ずと言ってよいほど1度は失敗します。

この失敗の意味は、買いそびれるという事です。

家づくりが初めての方が多いと思いますが、土地探しの見方、
段取りすべてが慣れない中なので、土地を見つけられても踏み切れず、
先を越されてしまうのです。

意外と一番最初に見た土地がベストの場合もあったりしますが、
初めて見る土地なので決断できません。

その間に買いそびれるのです。

そのあと、他の土地を見ても最初の土地の影響を受けて
次の土地の悪いところが目につきも決断できません。

そのうち、ずるずると時間だけが過ぎていくというのが、
土地探しが進まないパターンの一つです。

土地探しは経験が大事なので最初に買いそびれても、
くよくよせず、前の土地は忘れてしまい、
「土地探しを継続すること」が土地探し成功の要点だと思います。

■最後に

土地探しは、意外と疲れます。

不動産屋さんを回って、土地情報を収集して、
土地を見に行って、買うか買わないか判断して、
挙句の果てに買いそびれるの繰り返しです。

小さい子供さんもいれば、なおさら大変だと思います。
でも、皆さん同じなんです。

あの人だけが特別な情報をもらった、という事はほとんどありません。
みなさん行動で情報をゲットしておられます。

その土地が良いか悪いかは、実際は「ご縁」です。
行ってしまえば運という事になりますが、

この運は行動を継続し、土地を数多く見れば見るほど
成功の確率を上げることができます。
継続するコツは、息抜きをすることです。

これは土地探しを休憩するのではなく土地を見に行くついでに、
新築見学会に行ったり展示場に行ったり、

土地を買ったらこんな家に住みたいな、
などイメージをしてテンションを上げておくのです。

土地探しは疲れますが、家のことをいろいろ考えると楽しいものです。

私も土地探しでは、皆さんと同じような失敗を繰り返しましたが、
継続することでご縁がありました。

そして私が実際にお手伝いした数多くの方もご縁ある土地に出会いました。
このブログを読まれた皆さんも、土地探しに成功されることを願っています。

■追加開催決定! 土地探し応援セミナー

前回開催してご予約で各回満席になった土地探しをしている方のための
「土地探し応援セミナー」が2021年6月6日に追加開催いたします。
コロナ対策の為1組限定ですが、ご興味ある方はお気軽にお申し込みくださいね。
詳しい内容はこちら

https://kjworks.co.jp/kj-event/e-seminal/tochisagasi.html

 

 

【こだわりの家を建てたいなら!メルマガ登録】

まずはメルマガ登録でこだわりの家づくりについて学びましょう!
家づくりにまつわるお得なお話や知っておきたい話。
素材や、プラン、資金計画から土地探しの話まで様々な内容をお届けいたします。
以前のメルマガの内容は
・2x4と在来工法の方法の違いって?
・全館空調導入後に気を付ける事
・暴風対策にはやっぱり〇○○
・制震構造の弱点とは?
・家具とフローリングの良い相性は?
・明るい色、暗い色で注意する事
などなど

ブログで書けないような内容もありますので、お楽しみに!
ご登録はニックネームとメールアドレスの登録だけです。
ご登録はこちら

【このブログを書いた人】

安本峰樹

設備設計事務所を経て木の家の工務店ケイジェイワークスに入社して現場監督を務める。
その後、くらしの相談員として家づくりを始めた方のサポートをしています。
・一級建築士
・宅地建物取引士
・2級ファイナンシャルプランナー

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie