安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

掃除がしにくいお風呂の換気扇の裏技?!

2021-06-13

カテゴリー「家づくりのヒント

投稿者 安本峰樹

空気が動くところには埃が溜まる、

これは自然現象なのでどうしようもないことです。
そのため、埃が溜まりやすいところは掃除をしやすくすることが
家づくりでは大事になります。
最近のインスタでは、掃除の効果的なやり方や
事前に処置することで掃除の手間を減らせる方法などがアップされていて
私も参考にしていますが、一つ気になるのがお風呂の換気扇です。
時々、お風呂の換気扇の掃除の手間を減らすために、不織布を貼るやり方があるのですが、
浴室の換気扇にはあまりお勧めできません。
なぜなら、かなり湿った空気が移動するお風呂の換気扇はカビが生えやすいため
埃の付いた不織布自体がカビの温床になりやすいからです。
もし、不織布をつけるにしてもかなり高頻度の取り換えををお勧めします。
かといって、標準のユニットバスの換気扇って掃除がしにくいんですね~
羽も外せないことが多いため、掃除できる範囲に限界があります。
もっと掃除をしておきたい!と思っておられる方は、
ユニットバスの換気扇は標準ではなく、後施工で別の換気扇をつけるという方法があります。
ユニットバスの換気扇の開口は後で開けるので、比較的換気扇の選択肢が多いのです。
そのため、掃除のしやすいように羽が外せるタイプの換気扇にすることで
お風呂の換気扇の掃除がしやすくなります。
ただし、換気扇にはフィルター付きの換気扇もありますが、浴室は使用不可が多いため注意が必要です。
あくまで掃除がしやすいように羽が外せるタイプの浴室用換気扇の選択が必要です。
それと最近の換気扇はDCモーターと言って消費電力がかなり少ないタイプの換気扇もあります。
お風呂の換気扇は浴室の乾燥の為長時間回すことが多いので、選ぶときはDCモーター付きがお勧めです。
付いてしまうとその存在を忘れる換気扇ですが、掃除をするときになるとその差が出てきます!
羽が外せるタイプの換気扇。
付いてしまえば、変わったかどうかもわかりません。
面倒な、お風呂の換気扇の掃除。
不織布フィルターは扱いが要注意です。
建てるときに換気扇を変えておけばお手入れも楽になります。

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie