安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

鉄筋の上を歩くときは、、、

2021-06-28

カテゴリー「現場のお話

投稿者 安本峰樹

現在建築中のOさんの家では、基礎工事の真っ最中です。
先日は配筋検査を行いました。

配筋検査とは基礎の鉄筋コンクリートの鉄筋がキッチリ入っているかの検査をします。

鉄筋コンクリートにとって鉄筋の位置や寸法は非常に重要です。
一般的にコンクリートと言われますが、建築物にはコンクリートだけで施工する箇所はあまりありません。
多くは、鉄筋と呼ばれる細長い鉄の棒や、大きな建物ですと鉄骨と呼ばれるH形や四角型の鉄の柱が入って至ります。
前者は鉄筋コンクリート造、後者は鉄骨コンクリート造と呼ばれます。
鉄筋と鉄骨は同じ鉄ですが、全然違うんですね。

実は、鉄とコンクリート非常に相性が良いんです。
鉄は、引っ張る力に強く、押される力に弱い
コンクリートは、引っ張る力に弱く、押される力に強い
という強弱の補完関係にあるんですね。

しかも、コンクリートはアルカリ性の為、アルカリ性のコンクリートに入っている間
鉄筋は錆びにくいんです。

そして、温度に対する膨張率も奇跡的にコンクリートと鉄はほぼ同じという、
出会うべくしてであった運命の組み合わせなんですね~
この膨張率が違うと、せっかく施工したのに夏場や冬場にコンクリートに入っている鉄が
伸び縮みして割れてしまいます。
鉄のほかにもいろいろな金属がありますが、この膨張率というキーワードで、
鉄が使われ続けているんですね!

そして、表題ですが、基礎の鉄筋は、細い針金で固定されています。
縦横のメッシュ状の鉄筋も同じなんですが、その上を歩くときには、
必ず、上に載っている方の鉄筋の上に足を置くようにして歩きます。

そうすることで体重を掛けたときに、メッシュ状の鉄筋を固定している針金が取れないようにするんですね。
ちょっと歩きにくいですが、慣れてくると無意識にできるようになってきます。
ちょっとしたことですが、現場にはそれぞれ暗黙のルールがあるので、
なれない、新人はいろいろ注意されますね笑

密に組まれたメッシュ状の鉄筋。
ターミダンシートが下に敷かれていて、白いサイコロのようなものの
上に鉄筋が置かれています。
この白いさいころはスペーサーと言って、鉄筋がちょうどい厚みで
コンクリートで包まれるようにする物です。
忘れものじゃないですよ!
歩くときは上の鉄筋に体重を掛ける~

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie