安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

書斎のような小部屋を快適にするマッハシステム

2021-07-06

カテゴリー「イベントのこと

投稿者 安本峰樹

一般的に、空調機というのは冷やすときは室温より

かなり低い温度の冷媒と室内の空気を熱交換させて冷房します。

暖房の場合は逆に、室温よりかなり高い温度の冷媒との熱交換です。
基本的にはこの温度差が大きいほど、冷媒の量を減らせるので効率よく空調することができますが、
吹き出し口からの温度差が大きいと不快感を感じます。
夏でいえばエアコン近くが冷えすぎるという問題です。
最近、在宅で書斎等を新たに家づくりに加えることも増えてきていますが、
書斎のような4畳以下の空間を空調するのって結構難しいんですね。
小さい部屋にエアコンを付けても、直ぐに温度が下がる(冬は上がる)のでエアコンは止まったり動いたりで省エネ運転ではないです。
しかもエアコンの吹き出し口が小さい部屋だと近いので、風が結構不快に、、、
結局夏は扇風機での対応になりがちです。
これは、大温度差小風量の通常のエアコンに起こりがちな事例です。
ですが、全館空調のマッハシステムの場合は、温度差が少ない代わりに風量が大きいので、
風が当たっても不快感が感じにくいんですね。
しかも、ゆっくりじっくり空調するので、小さい部屋でも暑すぎず、寒すぎず。
ダメ押しは、マッハシステムの空調の吹き出しの風は外部の新鮮空気も混じっているので、
換気もしっかりとされるんですね。
部屋の中でCO2濃度が上がると、眠気や頭痛などの不快感が生じます。
空気をしっかりと循環・換気することで、小部屋の空気室も上がるので
仕事のパフォーマンスも上げることができます。
同じように、子供部屋や家事室など小部屋が分かれているけど、
室内環境はしっかり整えたい場合、マッハシステムでは家じゅうを同じ環境にしてくれるので
特に夏場は重宝します。
夏場はと強調したのは、冬場の暖気って意外と動きやすくて、家じゅうを循環しますし
窓からの日射を入れればダイレクトゲインで部屋も温まります。
逆に夏は、冷房の冷機は重くなかなか流動しにくいので、自然循環ではなかなか冷えないことも多いです。
特に個室で扉を閉めたい場合は、やはり個別に空気を回してあげる必要があります。
小部屋が多いプランでは、マッハシステムの利点がいかんなく発揮されます。
在宅勤務が増えてきて家で仕事部屋をお考えの方には、
マッハシステムのような小温度差大風量の空調システムが向いていますので、ぜひご検討ください。

4月10日(日)に、マッハシステムの体感見学会を開催します。

木になるお手入れのお話も実物を見ながらご説明させていただきます。

ご参加はこちら

4月10日(日)木の家の「全館空調」体感勉強会

 

【こだわりの家を建てたいなら!メルマガ登録】

まずはメルマガ登録でこだわりの家づくりについて学びましょう!
家づくりにまつわるお得なお話や知っておきたい話。
素材や、プラン、資金計画から土地探しの話まで様々な内容をお届けいたします。
以前のメルマガの内容は
・2x4と在来工法の方法の違いって?
・全館空調導入後に気を付ける事
・暴風対策にはやっぱり〇○○
・制震構造の弱点とは?
・家具とフローリングの良い相性は?
・明るい色、暗い色で注意する事
などなど

ブログで書けないような内容もありますので、お楽しみに!
ご登録はニックネームとメールアドレスの登録だけです。
ご登録はこちら

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie