安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

インナーバルコニーの良さと注意点

2021-08-12

カテゴリー「家づくりのヒント

投稿者 安本峰樹

皆さん、バルコニーとベランダの違い分かりますか?

どちらの似たようなもののように感じますが、
バルコニーは屋根がなく、ベランダは屋根があるというように使い分けが実はあります。
ところがそこに、さらにややこしくなる言葉
「インナーバルコニー」
という言葉があります。
大きな屋根があって建物の一部のようになっているバルコニーで、
屋根付きのバルコニーつまりはベランダ?となりそうな言葉です。
もう少し細かく分けると、ベランダは建物から出っ張っていて屋根が付いているもの。
インナーバルコニーは、建物に取りこまれていて屋根が付いているもの
といった感じです。
どちらも全体的に屋根が掛かっていれば、半分外半分内側の空間を作れるので、
天候に左右される、物干しをしたり外に机を出してお茶をしたりすることができます。
でも、屋根が深くなるとその分窓から入るひかりが減るので、
インナーバルコニーに面している部屋の明るさは注意が必要です。
そのため、インナーバルコニーの屋根自体に天窓や透明の素材にするなど明り取り対策をするか、
バルコニーにある窓以外から明かりをとれるようにする配慮が必要にあることもあります。
とはいえ、屋根があるとバルコニーの痛みも少なく、
何より雨漏れリスクがかなり減るので、余裕があれば取り入れたい空間ですね。
インナーバルコニーの事例
天窓をつけることで、デメリットである暗さが無くなり、
その後の後悔も無くなります。
半外の空間で天気に左右されないと色々使えますね!

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie