安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

かき落とし壁の味わい

2021-10-10

カテゴリー「家づくりのヒント

投稿者 安本峰樹

最近、かき落とし壁の施工する機会がありました。

結構久しぶりです。

 

かき落とし壁というのは、左官屋さんによる外壁の施工方法のひとつで、

モルタルで壁を仕上げた後、剣山のようなもので、表面をガリガリこすります。

そうすると、表面が削れてザラザラになるんですね。

そうして、掻いて表面を落とすので「かき落とし壁」なんです。

 

ケイジェイワークスでも以前はモルタルの、かき落とし壁が一般的でした。

モルタルに色粉を混ぜて、色のある壁にしたり、藁スサを入れて土壁風にしたり

白砂を混ぜて白壁にしたりと色々アレンジできます。

かき落とし壁の魅力は何といってもその質感ですね。

味わい深い、素材の雰囲気を生かした質感は和風だけでなくモダンな家にもあいます。

 

そして意外と左官壁は丈夫です。

地震によるクラックは補修しないといけませんが、経年による劣化は少ないため、

見た目の変化が気にならなければ、補修する必要がないんですね。

 

ただ、見た目でいうと雨などを吸収しやすい素材なので軒が出ていないと

かなり汚れやすいです。そして汚れるとなかなか落ちないので、

見た目が気になる方は、塗装になります。

せっかく、左官の味があるのに塗装!?と思われるかもしれませんが、

艶消しの塗装であれば、掻き落としの凹凸をある程度は残して質感も近くなるので、

メンテナンス工事の際は、掻き落とし壁に塗装することが多いです。

 

ですが、軒がしっかり出ていて状態が良ければ、20年経ってもノーメンテで済んでいる家もあります。

こういうところにも軒の大切さを痛感いたします。

 

外壁の左官壁のメリットとしては

・質感の良さ

・長期の耐久性

・隣家などの火災に強い

などがあげられます。

 

デメリットとしては

・費用が掛かり工程も長くなる

・雨汚れが付きやすい(軒を出して対策)

・クラックが入ると補修が必要

・壁が重くなるので、事前の計画が必要

 

などなどです。

性能も大事ですが、外壁に関しては好みが大きいので、

好き嫌いで判断するのも良いと思います。

 

かき落とし壁、左官壁、事例、質感、どんな感じ、塗装、メンテナンス、塗り替え、木の家、工務店、木造、2階建て、付加断熱、大阪、リノベーション、リフォーム

左官施工後の、かき落とし壁の質感。凹凸が出ていていい雰囲気です。

結構重い壁なので付加断熱には向いていないです。

 

かき落とし壁、左官壁、事例、質感、どんな感じ、塗装、メンテナンス、塗り替え、木の家、工務店、木造、2階建て、付加断熱、大阪、リノベーション、リフォーム

かき落とし壁に塗装をした状態。

今回は、リフォームなので新規に施工した書き落とし壁に白色塗装をしました。

ちょっと写真でわかりにくいですが、塗装をしたためかき落としの凹凸が少し減っています。

それでも、吹き付けと違った質感が生きています。