安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

リフォームの断熱工事は新築と考え方が少し違う

2021-11-09

カテゴリー「災害に強い家づくり

投稿者 安本峰樹

リフォームで住まい手の方に一番喜ばれるのは

キッチンでもなく、お風呂でもなく

断熱です。

 

もちろんキッチンやお風呂も喜ばれるのですが、

基本的にキッチンやお風呂は使う人がその恩恵を受けるのですが、

断熱は来客のように家に来られる方全てに

恩恵を受けるのと、前の状態と比較ができるので

分かりやすいんですね。

 

特に冬は断熱の効果が分かりやすいです。

 

最近は、新築の断熱性についての話題が出ることが多く

断熱の種類や厚み、気密や窓などなど

新製品や新工法など情報が盛りだくさんです。

 

リフォームでもその恩恵を受けて断熱性の向上を図ることができます。

得に耐震補強などでは、壁や天井をめくるため一緒に壁も断熱性を高められますし

窓を変えるとかなりの効果を実感できます。

ですが、新築とリフォームで一番大きな違いがあります。

それは、施工範囲です。

新築の場合は、建物を一から作るため一律に断熱性を高めます。

子供部屋だけ断熱材をなくす、天井だけ断熱材を薄くする、という事はあり得ません。

 

ですが、リフォームの場合、大型リノベーションのような工事でなければ

全ての部屋を一からやり替えるリフォームの方が少なく、

多くはLDKだけ、浴室も加えて、トイレも入れてと施工範囲が足し算のようになります。

そうすると、工事をする範囲は断熱性が上がるのですが、

それ以外の場所、例えば廊下玄関や2階など手を入れないところは既存のままです。

それらの間の天井や壁も室内でありながら断熱をしないと、

折角断熱したエリアの熱が、無断熱エリアに熱が逃げてしまうんですね。

 

そのため、部分的なリフォームの場合、断熱をするエリアを決めたら

そのエリアの外は室内側でも断熱をする場合があります。

 

元々の家の断熱性が期待できるならそこまでしませんが、

古い家の場合は、ほぼ無断熱であることが多く、その場合断熱エリア以外の部屋は

極端に言うと外と同じ扱いなんですね。

 

この辺りをしっかり把握して計画しないと、

新築と同じように外壁周りだけ、床だけ、窓だけ断熱工事をしても

思ったより暖かくならないんですね。

 

そうした提案も含めて、断熱のリフォームに取り組んでいきたいと思います。

やっぱり、断熱リフォームをした家を冬に訪問した時の

住まい手さんの笑顔がうれしいです。

 

性能向上、リノベーション、断熱、リフォーム、温かい家、寒い家、なんとかしたい、木の家、大阪、工務店

寒い家を何とかしたい!

断熱リフォームは、寒さ対策には一番効果的です。

写真の家は2階がありますが、リフォーム対象外の為、天井に断熱材を入れています。

 

【こだわりの家を建てたいなら!メルマガ登録】

まずはメルマガ登録でこだわりの家づくりについて学びましょう!
家づくりにまつわるお得なお話や知っておきたい話。
素材や、プラン、資金計画から土地探しの話まで様々な内容をお届けいたします。
以前のメルマガの内容は
・2x4と在来工法の方法の違いって?
・全館空調導入後に気を付ける事
・暴風対策にはやっぱり〇○○
・制震構造の弱点とは?
・家具とフローリングの良い相性は?
・明るい色、暗い色で注意する事
などなど

ブログで書けないような内容もありますので、お楽しみに!
ご登録はニックネームとメールアドレスの登録だけです。
ご登録はこちら