安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

木造3階建て耐震等級3は少し工夫が必要

2022-01-11

カテゴリー「イベントのこと

投稿者 安本峰樹

地震に対する、強さを示す耐震等級。

1から3まであり、3が一番強く、1は建築基準法レベルとなっています。

2階建てなら難なく耐震等級3を取得することができるのですが、

木造3階建てになると急に難しくなります。

 

技術的な問題というより間取りに影響が出ます。

耐震力を持つには耐力壁と呼ばれる地震の力に耐える壁が必要なのですが、

2階建てと3階建てでは全く壁の量が変わってくるんですね。

そのため1階は耐力壁がかなり多く入り、

2階にも結構な数の壁が必要になります。

3階建ての場合、2階リビングが多いのですが、開放的にするためには

壁が必要になるという、ちょっと逆説的な問題が出てくるのです。

 

そのため、間取りの段階である程度壁の量を想定して、

間取りが成り立つように考える必要があります。

でも壁が多いと区切りができるし、

広くとるためには区切りたくないし、、、

というジレンマが耐震等級3の木造三階建てでは発生するんですね。

今週末見学会を行う、豊中のAさんの家はまさしくそのパターンです。

堀込ガレージを取りつつ、2階リビングをできるだけ明るく広くとりたい

そういう思いで、壁を配置して、発生した隙間を有効利用するように考えました。

 

狭小地では、3階建てにならざるを得ないので、耐震性と間取りのバランスを取るのが間取りの組み方では重要になります。

そんなAさんの家の見学会は、既にほとんど埋まっていて残り1枠になっています。

御興味ある方はお早めにお申し込みください。

1/16(日)新築 お引渡し前の見学会(残1組)

 

Aさんの工事中の様子。正面左手に収納、正面にテレビ台、右手に階段を配置して

耐力壁によってできるスペースを有効利用しています。

 

【こだわりの家を建てたいなら!メルマガ登録】

まずはメルマガ登録でこだわりの家づくりについて学びましょう!
家づくりにまつわるお得なお話や知っておきたい話。
素材や、プラン、資金計画から土地探しの話まで様々な内容をお届けいたします。
以前のメルマガの内容は
・2x4と在来工法の方法の違いって?
・全館空調導入後に気を付ける事
・暴風対策にはやっぱり〇○○
・制震構造の弱点とは?
・家具とフローリングの良い相性は?
・明るい色、暗い色で注意する事
などなど

ブログで書けないような内容もありますので、お楽しみに!
ご登録はニックネームとメールアドレスの登録だけです。
ご登録はこちら

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie