安本の木の家づくり日誌

安本の木の家づくり日誌

3階建ては角地に注意

2022-01-17

カテゴリー「家づくりのヒント

投稿者 安本峰樹

先日の豊中のAさんの家の見学会は、コロナ対策の為同時組数を2組に限った見学会でしたが

お陰様で満席となりこれから家づくりをお考えの方をお迎えすることができました。

 

その際、3階建てを想定して土地探しの方にいろいろと注意点などをご説明したのですが、

その一つをご紹介いたします。

それは、道路斜線という法規制の問題です。

高さ制限とは別で、道路斜線と言って、道路の反対から

一定の角度の斜線以内に建物を建てなさいという規制です。

よくマンションなどで道路側に斜めになっている形状を見たことがあるかと思いますが、

多くはこの斜線制限のために形状を工夫しています。

この規制は道路の幅に影響を受けるので、密集地の3階建て住宅の場合は注意が必要です。

ただ、敷地よりセットバックすることで、斜線も交代してくれるという緩和もあるので、

敷地の形状によっては影響を減らすことができます。

問題なのは、角地に3階建てを建てる場合です。

角地は、この斜線制限が2方向の道路からかかってくるので、

土地の形状にもよりますが、屋根が当たる確率が上がります。

そのため、高さを下げるか屋根の形を工夫するか、という対処が必要になります。

あまり狭い土地や道路が狭い土地の場合は、3階部分が屋根裏部屋のようになることもありますので

注意が必要です。

一般的に角地は、通風採光に有利なので優先的に購入したいところですが、

密集地の3階建て住宅を検討の際は十分な注意が必要です。

 

3階建て、道路斜線、木の家、大阪

3階建ての道路斜線の例 水色の斜めの線が制限の斜線です。この線維化に建物を収める必要があります。そして道路幅4.2mほどですが、境界よりセットバックしているのでその分斜線も後退してくれます。

【こだわりの家を建てたいなら!メルマガ登録】

まずはメルマガ登録でこだわりの家づくりについて学びましょう!
家づくりにまつわるお得なお話や知っておきたい話。
素材や、プラン、資金計画から土地探しの話まで様々な内容をお届けいたします。
以前のメルマガの内容は
・2x4と在来工法の方法の違いって?
・全館空調導入後に気を付ける事
・暴風対策にはやっぱり〇○○
・制震構造の弱点とは?
・家具とフローリングの良い相性は?
・明るい色、暗い色で注意する事
などなど

ブログで書けないような内容もありますので、お楽しみに!
ご登録はニックネームとメールアドレスの登録だけです。
ご登録はこちら

KJWORKS INSTAGRAM

@kjworks_kinoie